京都の寺や神社で外国コイン年100キロ 換金できない「おさい銭」どうする

印刷

   外国人観光客がたくさん訪れる神社や寺のさい銭箱には、中国、アメリカ、韓国、台湾といった国の外国通貨がたくさん投げ込まれている。ところが圧倒的にコインが多く、日本の銀行では換金できない。どうするのだろう。

   京都府を訪れる国内外の観光客は1996年から年々増え、2008年は前年比4.5%増の7799万人だった。神社やお寺を訪れる外国人も多い。府内の1579神社が加盟する府神社庁によると、おさい銭は外国通貨だけで年間合計100キロ前後にのぼる。

平安神宮、八坂神社、下鴨神社、北野天満宮に多い

   なかでも多く集まるのは、外国人に人気の高い平安神宮、八坂神社、下鴨神社、北野天満宮。米ドルが多く、最近はアジアの観光客が増えて、中国の人民元や韓国ウォン、インドネシアのルピアなどいろいろだ。

   外国通貨が多いことについて、府神社庁の中森圭治さんは、

「日本人が日本円を入れるように、外国人も普段、自分達が使っている通貨を入れたいと思うからではないか」

と言っている。

   ところがせっかくのさい銭も、コインは銀行で換金できず、長い間、各神社に保管されていた。府神社庁は「外国通貨とはいえ、気持ちがこもったお金には変わりありません。有効活用できる方法はないか」とし、外国通貨も受け付けている日本ユニセフ協会に寄付することにした。06年から毎年続けている。

浅草寺には100元札も入っている

   東京・浅草の浅草寺にも、さい銭箱に外国通貨がたくさん投げ込まれている。浅草寺の会計部担当者は、

「数えてはいませんが、かなり大量です。約20年前から見られるようになって、最近は中国の人民元が圧倒的に多いです。高額な100元(約1300円)も結構入っていますよ」

と話している。

   米ドル、タイバーツ、香港ドル、台湾ドル、韓国ウォン、シンガポールドルも入っている。ここでも圧倒的に多いのは銀行で換金できないコインだ。ユーロや米ドルはチケット販売業、大黒屋に持ち込み、普通のレートより安いが換金してもらっている。それ以外は日本ユニセフ協会に寄附しているそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中