リチウム電池や太陽電池巡り 海外と日本メーカーの競争激化

印刷

   世界的に再生可能エネルギーの普及が進む中、国内外の太陽光発電(太陽電池)をめぐり、日本メーカーと海外メーカーの競争が激しさを増している。

   日本はパナソニックと三洋電機、シャープ、京セラなどリチウムイオン電池や太陽電池を製造する大手電機メーカーが関西に集積し、この分野で高い国際競争力をもっている。

太陽光などの導入に最も積極的なのは欧州

   太陽光発電協会によると、2009年度の太陽電池の国内出荷量(発電能力ベース)は前年度の2.6倍の62万3127キロワットとなり、4年ぶりに過去最高を更新した。しかし、中国など海外からの安価な輸入製品が初めて1割を超えるなど、「性能と価格の競争が今後さらに激化する」(業界関係者)とみられている。

   09年度の国内出荷量の62万キロワットとは、中規模な原子力発電所1基分に相当する規模だ。これまでは05年度の30万5068キロワットが過去最高だったが、09年度は政府や地方自治体の補助制度が復活したり、電力会社が余剰電力の買い取り価格を引き上げたりしたことから、住宅向けの普及が進んだ。国内出荷は全体の87.2%が住宅向けだった。

   一方、海外に目を転じると、再生可能エネルギーの導入に最も積極的なのは欧州だ。ドイツなどでは個人住宅だけでなく、学校や駅など公共施設に太陽電池を設置したり、電力会社が大規模ソーラーパネルを導入したりするなど日本よりも普及が進んでいる。この分野で日本メーカーの進出は目覚ましい。

三洋、シャープ、京セラが欧州で受注

   イタリアは欧州の主要先進国の中で唯一、原発を保有しないが、三洋電機はこのほど、イタリア南東部に9月に完成する民間出資の太陽光発電所に太陽電池を供給すると発表した。発電容量は約7600キロワットで、三洋の受注規模としては最大級という。

   この太陽光発電所の建設は、ドイツの金融機関をはじめとする国際資本が参加し、受注にはドイツなど海外のライバルメーカーが多数加わったが、三洋の太陽電池の発電効率の高さが評価されたという。イタリアではシャープも同国最大の電力会社エネルと太陽電池生産の合弁会社を設立し、11年から現地生産を始める。シャープは現地生産した太陽電池をフランス、スペインなどに供給し、発電事業も行う計画だ。

   このほか、欧州では京セラがスペインの電力会社に5万キロワットの太陽電池を供給したほか、タイでは京セラの太陽電池を使った東南アジア最大級の太陽光発電所が4月に稼働するなど、日本メーカーの海外進出が進んでいる。

   電機メーカー関係者によると、台頭目覚ましい中国や韓国の太陽電池は「日本メーカーに比べ2~3割安い」とされるが、発電効率と耐久性に関しては1970年代からの開発実績をもつ日本メーカーがリードする。再生可能エネルギーの普及が期待される中、欧州に続き、日本でも太陽電池の市場が拡大するのは必至で、日本メーカーと海外メーカーの主導権争いが続く。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中