東証一部上場グリーが大変身中  中高年をゲームで取り込む

印刷

   SNSサイト「GREE(グリー)」を運営するグリーが変身中だ。かつては、20代、30代中心の若者イメージが強かったが、最近ではテレビCMを積極的に打った効果もあって、中高年ユーザーが急速に増えてきた。ボタン1つで手軽に遊べるソーシャルゲーム(SNSで提供される手軽なゲーム)がそのきっかけになったという。

   東京証券取引所は2010年6月1日、現在マザーズ上場のグリーを8日付けで東証一部へ市場変更すると発表した。マザーズに上場したのは08年12月、約1年半での市場変更となる。

会員数は1年間で約2倍

   グリーの設立は04年。一年で約20万人の会員を獲得、日本のSNS黎明期に大きな存在感を示した。05年6月からはモバイルでのサービスも開始し、現在はPCよりもモバイルが中心だ。

   最新2010年3月末の会員数は1843万人。1年間で約2倍になった。月間PVも倍以上の256億に増加。ソーシャルゲームの課金収入や広告収入などが大きく伸び、2010年1~3月の売上高は93億円と、2009年(39億円)に比べ倍以上になっている。

   会員数がこれだけ増えた理由の1つにテレビCMが挙げられる。同社は08年5月から、SNSサイトとしてはいち早くテレビCMに踏み切った。ビデオリサーチコムハウスが出しているテレビCM広告主ランキング(関東地区)によると、グリーが2010年4月にテレビCMを流した回数は計1957回。アサヒビールやキリンビールなどに次いで6位に入っている。日本コカコーラ(8位)やアサヒ飲料(9位)よりも上で、グリーの出稿量がかなり多いことが分かる。

中高年向け攻略サイトも登場

   同社経営企画室によると、テレビCMをきっかけに、性別や年齢関係なく幅広い層の新規会員が増えた。20代と30代が主要ユーザーであることには変わりないが、07年末に9%だった40代以上の中高年会員が最新10年3月には、17%と大きく増加している。

   また、ネットエイジアが10年4月に行った調査でも、40代のSNS登録者のうち約63%がグリーに登録している。ミクシィが59%、モバゲーが43%となっている。

   中高年を惹きつけているのが、携帯から手軽にできるソーシャルゲームだ。ガーデニング、ペット飼育などをテーマとしたゲームがあり、いずれも自社制作だ。中でも人気があるのが07年にソーシャルゲーム第1弾として登場した釣りゲーム「釣りスタ」。ボタン1つで簡単にできるほか、釣った魚を仲間に自慢できるのが受け、ネット上には「中高年のための釣りスタ10段への道」という攻略サイトまで登場している。

   グリーの株価は東証一部上場を発表してから年初来高値を更新。2010年6月2日は、前日の終値と比べて550円高の7000円を記録している。3日の終値は6760円だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中