数々の法令違反や管理の問題点 振興銀のずさん体質浮き彫り

印刷

   金融庁は2010年5月27日、中小企業向け融資専門の日本振興銀行に対し、新規の大口融資や預金の勧誘などを4カ月間停止する一部業務停止命令を出した。金融庁が指摘した「重大な法令違反」や「経営管理態勢に関する問題」は計10項目に及ぶ。

   振興銀は、経営破綻した商工ローン大手のSFCG(旧商工ファンド)から買い取った貸出債権が二重譲渡だった問題も抱えており、経営の立て直しは容易ではない。

銀行とノンバンクの中間に位置する金利で無担保融資

   「定期預金の解約に応じない」「振興銀が推薦した取締役の就任を融資の条件にした」「金融庁の検査官に提出するメールを意図的に削除した」。金融庁が行政処分の根拠として列挙した数々の法令違反や管理態勢の問題点は、振興銀のずさんな体質を浮き彫りにした。

   振興銀は中小企業への「貸ししぶり・貸しはがし」が社会問題化していた2004年4月、日銀出身で金融庁顧問も務めた木村剛氏が中心になり、中小企業融資の専門銀行として設立された。銀行とノンバンクの中間に位置する年利数%~十数%で無担保融資するというビジネスモデルだったが、不良債権処理を一段落させた大手行や地銀が中小企業融資を競い始める中で、融資先の貸し倒れリスクを判断する独自のスコアリング(点数付けの仕組み)が行き詰まった。

   そうした状況から抜け出そうと、貸出債権の買い取りに業務の軸足を移したことが、経営をさらに苦しくさせた。手っ取り早く業容を拡大する狙いだったが、SFCGから買い取った債権は、他の4信託銀行にも譲渡されていたことが判明。所有権をめぐり、信託銀行との訴訟に発展した。振興銀は所有権の正当性を主張しているが、訴訟の結果によっては多大な損失が発生する恐れがある。

   金融庁が今回の処分で特に問題視したのも、この債権買い取りをめぐる取引。振興銀は一定期間後に手数料を取ってSFCGに債権を買い戻させる契約を結んだが、この取引が事実上、債権を担保にした融資に当たり、手数料を金利に換算すると出資法の上限(年29.2%)を超える疑いがあるというのだ。

木村剛氏「今回の件について真摯に反省する」

   振興銀が短期間で営業拠点を全国に拡大し、高い金利をうたって預金残高を増やしてきた裏には「なりふり構わず事業拡大に突き進み、管理態勢の整備を後回しにした」(金融庁幹部)という根深い病巣がある。西野達也社長は会見で「利益追求を優先し、管理が甘かった」と認めて陳謝した。

   西野社長はまた、処分前の5月10日に取締役会長を退任した木村氏については「不正への関与はなかった」と否定。当の木村氏は5月31日のブログで「今回の件について真摯に反省する」として、ブログを含めた活動休止を表明した。

   金融庁が命じた一部業務停止は、6月7日から9月末まで。1億円超の新規融資と債権買い取り、融資・預金の勧誘などが対象になる。振興銀は普通預金を扱っておらず、解約に手続きが必要な定期預金だけのため、処分期間中に急速に預金が流出するなどの影響はないとみられるが、業務メールの削除などの「検査忌避」について振興銀を刑事告発するかどうか、金融庁の判断はこれからだ。刑事事件に発展するようなら、経営への一段の打撃は免れない。債権の二重譲渡をめぐる訴訟を含め、多くの経営課題を抱える振興銀の行方からしばらく、目を離せない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中