20、30代男性8割「共働きしてほしい」 女性の「専業主婦願望」と大きな溝

印刷

   「専業主婦になりたい」という20、30歳代女性が増えているが、20、30歳代男性の8割が結婚相手に「共働き」を希望していることが、結婚相談所の調査でわかった。男女の考え方の溝は深まる一方だ。

   若い女性の専業主婦願望は高まっている。「第4回全国家庭動向調査」(国立社会保障・人口問題研究所)によると、「夫は外で働き、妻は主婦業に専念」という考えに「賛成」と答えた既婚女性が 1993年の調査開始以来、初めて増加に転じた。賛成派は、29歳以下が47.9%で、前回調査(03年)を12ポイント上回った。30歳代は41.7%が賛成で、7ポイント上昇。08年7月1日に調査票を配布し、有効回答を1万192票得た。このうち妻が回答した6870票を対象に分析した。

「フルタイムで働いて欲しい」が増える

専業主婦になりたくても、なかなか願いはかなわない(写真はイメージ)
専業主婦になりたくても、なかなか願いはかなわない(写真はイメージ)

   しかし、大手結婚相談所オーネットが20、30歳代の未婚男性1135人に行った理想の結婚相手に関する調査(09年)を見ると、男女間でズレがあるのがわかる。

   40.4%の20、30歳代未婚男性が、「結婚相手にフルタイムで働いて欲しい」と答え、「派遣などで働いて欲しい」と答えた男性も38.9%にのぼる。8割が共働きを希望し、「専業主婦でいて欲しい」は25.1%だった。

   1999年に行われた同じ調査では、「フルタイムで働いて欲しい」は27.3%、「派遣などで働いて欲しい」は48.2%で、共働きを希望する男性は09年とさほど変わりはないが、09年のほうがフルタイムを希望する男性が大幅に増えた。

   オーネットの広報担当者は、

「20~30歳代前半の男性は親世代に共働きが多く、結婚後に女性も働くことが普通であると考えています。30歳代後半の団塊ジュニアは、公平、分担を理想としながらも、経済面は男性が請け負わなければならないといった責任意識を払拭できないでいました。しかし経済状況が悪化しているなかで、女性にも共同で担って欲しい、そうでないと結婚できないと、はっきりと主張し始めています」

と言っている。

専業主婦になれる確率はかなり低い

   また、09年の調査で「妻の収入が多ければ、専業主夫になっても構わない」と答えた男性は、20歳代が61.7%、30歳代は69.4%を占めた。

   専業主婦になりたい20、30歳代女性と、共働きを希望する20、30歳代男性。婚活の現場でも「ズレ」は生じているのだろうか。

   オーネットの広報担当者は、

「結婚相談所を利用している女性は働いていることが多く、結婚後も働き続けることを希望しています。仕事に疲れたりして、専業主婦願望を抱く女性は増えているのかもしれませんが、実際に仕事を捨て、専業主婦を選ぶ女性は増えていないと現場から聞いています。若くして専業主婦を希望する場合、男性に経済力がなければなりませんので、かなり年上の男性を選ぶことになります。玉の輿はレアケースだと思います」

といい、願望はあっても実際に専業主婦になる女性は少ないらしい。裏を返せば、このご時世に専業主婦になりたくても、なかなか願いはかなわないということだろう。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中