景気先行き「緩やかに回復していく」日銀

印刷

   日本銀行は2010年6月16日に発表した6月の金融経済月報で、景気の現状を前月と同様の「緩やかに回復しつつある」と判断した。景気の先行きについても、「緩やかに回復していく」とみている。

   輸出や生産が増加するなか、設備投資が持ち直しに転じつつあり、雇用や所得環境も「引き続き厳しい」としながらも、幾分やわらいでいるという。住宅投資も下げ止まっている。

   また国内企業物価の先行きでは、前月の「緩やかに上昇している」から「緩やかな上昇を続けている」に変更した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中