永谷園が懸賞金中止 大相撲名古屋場所

印刷

   大相撲の野球賭博問題を受け、大手食品メーカー、永谷園(東京)は、2010年7月の名古屋場所での懸賞金を中止する。永谷園はこれまで、1場所あたり約200本(1200万円)の懸賞金を出していた。6月21日、同社サイトで発表した。「伝統ある国技の相撲が、清く正しいものになっていくよう、弊社としても切に願っております」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中