地震保険契約 一番伸びたのは滋賀県

印刷

   2009年度末時点の地震保険の契約件数が最も伸びたのは滋賀県だったことが、損害保険料率算出機構の調べでわかった。滋賀県の伸び率は10.1%、次いで長崎県の9.4%、富山県9.2%、福井県8.6%、石川県8.5%、佐賀県8.4%と続く。

   同機構は、「傾向としては、直近で大きな地震があった地域では伸び、また東海地区のように、常に地震への備えがある地域では伸び率は低くなります」と説明。北陸3県で伸び率が高いのは、このところ地震の発生が相次いだためとみられる。

   一方、滋賀県は08年度が5位、07年度も3位と、伸び率で上位をにぎわしている。地震など災害が少ない県だが、「昨年は姉川地震から100年目にあたる節目の年で、パネル展示や防災イベントを開催して、啓発に取り組みました。その効果があったのならいいんですが」(滋賀県防災危機管理局)と話している。

   なお、09年度末の地震保険の契約件数(速報値)は、全国の合計で1227万3102件。前年度に比べて3.6%増えた。

   伸び率が最も低かったのは北海道の1.2%。次いで広島県1.6%、三重県1.8%が1%台。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中