長谷川洋三の産業ウォッチ
林横浜市長のトップセールス:人は理屈でなく感情でモノを買う

印刷

「私が横浜市の営業本部長として企業誘致のためのトップセールスに取り組む」

   林文子横浜市長は2010年6月22日、日本外国特派員協会の懇談会で民活の進め方を質問した私にこう強調した。林横浜市長は、ダイエー会長・CEOや日産自動車執行役員、東京日産自動車販売社長などを経て2009年8月に横浜市長に就任した。

   横浜市は日産自動車の本社を誘致するなど、みなとみらい地区を中心に民間の活力活用に熱心だが、林市長は自動車のセールスウーマンとして活躍するなど民間での実積があるだけに、市長としても民活で成果をあげたい意思を明確にした。

   「社長の仕事とは、社員がどうしたら気持ちよく働けるか、その環境作りをすることで、社員との信頼と共感なしには経営はできない」。そう考える林市長は現場回りに努め、市議会ともできるだけ不要な対立はせずに汗を流している。

   1965年に高校を卒業してOLに。当時の仕事と言えば、お茶くみとコピーとり、タバコ買いの3つ。転職を繰り返して、クルマのセールスを見つけ、「3か月たってダメだったらクビにしてください」という条件で飛び込みセールスから始めた。

「低成長社会では生活大事にする女性の視点は必要」

   「誠心誠意おもてなしのセールス」をしたらいつのまにかトップセールスになっていた。

   「ここで学んだことは、人は理屈ではなく感情でモノを買うという基本。男中心の社会では定量的な数字を基礎にしているが、おもてなしや感情で売る女性にもチャンスがあるという教訓だった」

   1985年の男女雇用機会均等法の成立後、その考えは浸透してきている。均等法世代は中間管理職に育っており、やがてトップマネージメントも出てくる、と予想する。

「低成長社会では生活を大事にする女性の視点は必要であり、今後10年間で女性が成功する場面が急速に増えるのではないか」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中