言論・解説サイト「ウェブロンザ」 朝日新聞が開設

印刷

   朝日新聞社は、言論・解説サイト「WEBRONZA(ウェブロンザ)」(無料)と「WEBRONZA+(ウェブロンザ・プラス)」(有料)を開設した。「プラス」は、注目を集めるブロガーや学者、朝日新聞論説委員ら60人が「ニュースに迫り、論を交わす」。弁護士の土井香苗さんらが筆者として参加している。2010年6月24日にスタートした。月額735円だが、6月中は無料で読むことができる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中