あまりにもリアリティーが増す 「ニンテンドー3DS」の衝撃

印刷

   任天堂が3D(三次元)映像の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS(スリーディーエス)」を米ロサンゼルスのゲーム見本市「E3」で初公開し、話題を呼んでいる。任天堂は世界で約1億2890万台を売り上げた携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」シリーズの後継機として、3DSを開発中と公表していたが、詳細が明らかになったのは初めて。

   米国現地時間2010年6月15日午前(日本時間16日未明)、世界最大のゲーム見本市「E3」で岩田聡社長らが行ったプレゼンテーションは注目を集め、任天堂のホームページで同時中継された。

メガネなしで裸眼のまま楽しめる

   今回、明らかになった3DSの特徴は、(1)液晶画面は2面で、3.5型の上画面が3D対応。3D画像は専用のメガネなどが必要でなく、裸眼のまま楽しめる(2)3D画像は「3Dボリューム」で立体の度合いを調整できる(3)液晶画面にはタッチパネルがついて操作が可能(4)3Dの液晶画面では3D映画を楽しむこともできる(5)本体には2つのカメラがついていて、3Dの写真を撮影し、楽しむことができる――ことなどだ。

   2010年は「3D元年」とされ、パナソニックなど大手電機メーカーが3Dの薄型テレビを発売したが、いずれも専用のメガネをかけなければならない。この点、3DSは薄型テレビに比べれば画面のサイズは小さいものの、裸眼のまま楽しめるメリットは大きい。3Dボリュームをつけたのは、映画のみならず、ゲームが立体映像になると、あまりにもリアリティーが増すため、ユーザーの衝撃を抑える狙いがあるようだ。それほど3DSの迫力はすごいということだ。

   岩田社長は「ハリウッド映画などを3Dで見ることができる携帯端末は、私が知る限り初めてだ」などと自信を示し、3DSが単なるゲーム機ではないことを強調した。かつて任天堂は95年に3D対応の据え置き型ゲーム機「バーチャルボーイ」を発売したが、ユーザーの評価を得られずに撤退した経緯がある。

ゲームソフト大手も3D対応ソフト供給

   岩田社長は「その後も常に3Dが頭の中にあった」「3Dゲーム機を現実のものにする方法を模索してきた」などと述べ、満を持して3DSを開発したことを明らかにした。だだし、3DSの価格や発売日については語らず、ファンをやきもきさせた。いずれにせよ、発売は2010年度中という。

   今回の「E3」では、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)も3D対応を進める考えを明らかにした。据え置き型ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」を3D対応のテレビに接続することで、人気の「グランツーリスモ」など新たに投入する3D対応ソフトを楽しめるという。

   専用ゲーム機は、ゲームソフトをダウンロードして楽しむ米アップルの「iPhone(アイフォーン)」などに押され、市場が浸食されつつある。「iPad(アイパッド)」の登場も脅威となる。このため3DSは3D対応だけでなく、インターネット経由でデータを更新するなど通信機能も強化した。

   カプコンやコナミデジタルエンタテインメントなど大手ゲームソフトメーカーも、いち早く3D対応ソフトの供給を決めた。任天堂が得意とする専用ゲーム機がスマートフォンなどの新興勢力にどこまで対抗できるか注目される。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中