大嶽親方らの「処分」受け入れ 賭博問題で相撲協会

印刷

   大相撲の野球賭博問題で、日本相撲協会は2010年6月28日、臨時理事会を開き、名古屋場所(7月11日初日)を開催することを決めた。外部有識者でつくる特別調査委員会が名古屋場所開催の条件として提示した勧告を原則的に受け入れる。勧告は、大嶽親方の「解雇以上」や大関・琴光喜ら2人の「謹慎の上で懲戒」などを求めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中