スパイク売れ、ミズノ株値上がり サッカー業界に「ホンダ特需」

印刷

   W杯日本代表の予想外の活躍に、スポーツ関連業界が思わぬ「特需」に沸いている。特に、デンマーク戦でゴールを決めた本田圭佑選手(24)が使っているスパイク「ウェーブ・イグニタス・エムディー」は、同選手の活躍で品薄状態。急きょ、増産を決めている。それ以外の「W杯関連銘柄」も、総じて堅調だ。

   「イグニタス」は、大手スポーツ用品メーカーのミズノ(大阪市)2009年12月に発売。選手が蹴る「無回転キック」を分析し、ボールが当たる部分によってボールの回転がかかりにくい素材と、かかりやすい素材とを使い分けたのが特徴だ。当初の販売目標は「半年で5万足、1年で7万足」だったが、5月10日に5万足、6月10日には7万足を売り上げている。

ボール以外のサッカー用品も売れ行き好調

   W杯開幕段階で、既に販売目標を軽々と達成している形で、本田選手の活躍を受けて、すでに品薄状態だ。同社では、年間の販売目標を10万足に引き上げ、インドネシア国内の工場でも、増産体制を整えている。

   好調なのは「イグニタス」にとどまらない様子だ。同社の直営店「エスポート」(東京都千代田区)のサッカー用品の10年6月売り上げは、前年同月比で82%増加しており、大阪店(大阪市中央区)でも、48%伸びている。

   株価も上り調子で、W杯が開幕した6月11日には終値で382円だったものが、デンマークに快勝した6月25日には404円にまで値上がりしている。

   同社の広報宣伝部は、

「株価については一概には言えませんが、事実として勝ち上がっているのは、業界として嬉しいこと」

と、やや控えめだ。

本田選手のCM契約増えそう

   また、本田選手のスポーツ以外のマネジメントを担当しているエイベックスも好調だ。本田選手の所属事務所「balance」は、本田選手の芸能活動について「エイベックス・エンタテインメント」と業務提携をしている。現在、本田選手が結んでいるCM契約は清涼飲料「アクエリアス」の1本だが、大会後のCM契約本数が増えるのは確実だ。

   6月27日に開かれた株主総会には、約1万1000人の株主が出席。株主から「活躍おめでとうございます」と声をかけられると、松浦勝人社長は、「ありがとうございます」と返答。

「可能性のあるスポーツ選手の芸能活動を積極的にサポートしていきたい」

と述べ、早速「第2のホンダ」を視野に入れている様子だった。

   6月29日のパラグアイ戦で善戦すれば、さらに「特需」が続く可能性もありそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中