1次リーグ完全的中小森純 「2-1勝利」予想に注目

印刷

   サッカーW杯の1次リーグスコアを、モデルの小森純さん(24)が完全的中させ、ネット上で「神」などと称賛の的になっている。さらに、次のパラグアイ戦の予想スコアも、日本の活躍を見通していた専門家の見方と一致したのだ。

「予想は、事前に全然考えていませんでした。何分か前に渡されたボードに、インスピレーションで書いただけなんですよ」

「マジでこいつ神だぞ」

ブログでも「まぐれ」と謙遜
ブログでも「まぐれ」と謙遜

   小森純さん所属事務所ツインプラネットのマネージャーは、その舞台裏をこう明かす。

   純さんが1次リーグスコアを予想したのは、初戦カメルーン戦前日の2010年6月13日。都内であった日本代表応援イベントで、「ギャル代表」として激励の意味を込めたものだった。

   当時は、スポーツライターらからも岡田ジャパンへの評価は厳しく、「0勝3敗」を書名にした本も出版されたほどだ。それだけに、小森予想について、スポーツ紙も「大胆」などと報じた。

   しかし、結果として、中村俊輔選手が決めるとの予想以外は、すべて当たることに。2ちゃんねるなどでは、「マジでこいつ神だぞ」「シャーマン小森すげえ」「三連単って1000万馬券ぐらいだよなw」などと大きな話題になっている。

   この的中で、純さんは、引っ張りだこの人気になった。TBS系で27日放送の「サンデー・ジャポン」にも出演し、今度は、29日深夜のパラグアイ戦について、「2-1で日本が勝ちます」と予想した。

   純さんのマネージャーは、「これも、根拠のないインスピレーションなんですよ」と笑う。

   とはいえ、純さんは、直感が鋭いタイプだとか。「来年の今ごろは、自分が何をしているか、どこに住んでいるか、けっこう当たるんですよ。今回は、ほかの人のことが当たったので、すごい」。

   テレビの収録で、熊本・阿蘇などのパワースポットによく通い、力をもらったこともあるのではないか、ともいう。

後藤健生さんも「日本が勝つなら、2-1」

   軒並み事前予想が外れる中、日本の躍進をある程度予想していた専門家もいる。J-CASTニュースの2010年5月21日付記事にコメントを寄せた、サッカージャーナリストの後藤健生さんだ。

   後藤さんはコメントで、一部強豪を除けば実力は僅差で、「日本は、必ずしも弱くない」と指摘。カメルーンやデンマークなら分からないとして、1次リーグを突破できる可能性を指摘していた。このコメントは、2ちゃんでも現在、話題になっている。

   では、6月29日のパラグアイ戦は、どうか。

   南アフリカで現地取材をしている後藤さんは、こう明かす。

「日本は、高地での試合に備えて、地道にトレーニングをしてきました。カメルーン、デンマークは、あまりやっていなかったので、それが有利に働いたわけです。ところが、パラグアイは、高地を苦にしないので、今回は、日本のアドバンテージはありません。伝統の守備力に加え、攻撃も強くなっているので、今までより難しい試合になるでしょうね」

   パラグアイは、高地に慣れている先住民出身の選手が多く、心肺能力もかなり高いという。調子が上がらないヨーロッパ諸国に比べ、南米諸国が好調なのは、高地環境による原因もあるそうだ。

   ただ、後藤さんは、日本に勝ち目がないわけではないとする。

「優勝候補のオランダに対し、高地でない海沿いの会場でも、1点差のいい試合をしました。パラグアイは、オランダほど強くはないので、日本とパラグアイの力の差は今は、4対6ぐらいです。準々決勝ぐらいにピークを持ってくる強豪国に比べ、初戦ピークの日本は、疲れがたまっているでしょうから、中4日でどれだけコンディションを整えられるかがカギですね」

   ともに守備のチームなので、後藤さんは、3点は入らないと指摘。日本が勝つなら、2-1のスコアを第一に予想した。

   なんと、これは、小森純さんの予想スコアと同じだ。後藤さんに予想的中のことを話すと、「それはすごいね」と言う。パラグアイ戦では、こうした予想が再び的中するか注目だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中