忠犬ハチ公像「登るな」 パラグアイ戦も警官がブロック

印刷

   2010年6月29日のパラグアイ戦では、東京・渋谷駅前の忠犬ハチ公像が厳重警備される。日本代表戦のたびに、駅前がお祭り状態となり、ハチ公に登ろうとする人が出てきており、関係者は「危険なのでやめてほしい」と呼びかけている。

   日本がデンマークを3対1で下し、決勝トーナメント出場を果たした2010年6月25日。未明から試合が放送され、試合終了後、早朝にも関わらず大阪・道頓堀や東京・渋谷駅周辺はお祭り状態となった。

スクランブル交差点を中心に、百人以上の警察官

   渋谷では、14日のカメルーン戦からサポーターの大騒ぎが続き、毎回、駅前のスクランブル交差点を中心に、百人以上の警察官が出動、厳重な警備が行われている。

   そうした中、インターネット上に1枚の画像が張りだされた。

   20日の東京新聞に掲載された画像で、オランダ戦後、渋谷駅前にある忠犬ハチ公像を警察官6人が取り囲んでいるものだ。ハチ公がVIPになったような錯覚さえ覚える。記事によると、ハチ公に登ろうとした若者がいたため、警察官が警備に当たることになったという。

   ネットではツイッターを中心に、「総理大臣よりもVIP待遇かも」「デイフェンス万全すぎw」といったコメントが付いている。

ハチ公保存維持会「節度持って楽しんで」

   警視庁によると、警察官が大人数でスクランブル交差点に出動したのは、年末のカウントダウンと、2002年の日韓W杯ぐらいで、珍しいことだという。

   ハチ公の所有権は渋谷区にあるが、普段は渋谷の商店街店主らから成る「忠犬ハチ公銅像保存維持会」が管理を行っている。維持会の事務局窓口となっているJR渋谷駅の担当者によると、4~5年前地下鉄出入り口の屋根に登り、落ちて死亡した人が出た。以来イベント時には、ハチ公像を始め、電話ボックスや地下鉄出入り口など、登ることの出来る場所の警備が厳重になったという。

「29日のパラグアイ戦も心配です。下はコンクリート。落ちると危険なので登るのは止めて欲しい。せっかく勝っても、トラブルが起きてはダメ。節度を持って楽しんで頂ければ」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中