ベビー用紙おむつ「性能」競争 決め手は「素材」

印刷

   乳幼児用紙おむつの「性能」がよくなっている。「もれない」「むれない」「かぶれない」のは当たり前。おむつ替えに便利で、機能性を重視したパンツタイプもいまや一般に浸透した。

   しかし、これらはどれも「母親目線」からアプローチして、開発してきた商品だ。最近はこれを、さらに一歩進めた「赤ちゃん目線」に注目。メーカーは、デリケートな赤ちゃんの肌にストレスなく着けられる紙おむつの開発、つまり「素材」が勝負の時代になってきた。

薄型化が進み、尿の吸収力も高まる

赤ちゃんが気持ちいい「素材」のおむつが登場してきた
赤ちゃんが気持ちいい「素材」のおむつが登場してきた

   乳幼児用紙おむつ市場が伸び悩んでいる。日本衛生材料工業連合会(日衛連)の調べによると、乳幼児用紙おむつの生産数量は、2008年はテープタイプとパンツタイプの合計で前年比1.3%増の79億4159万枚だったが、09年は77億9397万枚となり、同1.86%減少した。

   もともと、子どもが生まれてから3年前後という限られた需要のなかで売れ行きを争う、競争の厳しい市場だが、最近の少子化の影響で全体のパイが縮小傾向にあることがそれに拍車をかけている。

   ただ、この間に乳幼児用紙おむつは大きく「変革」した。「もれない」ことはもちろん、「むれない」「動いてもズレない」ことや、「おむつ替えが簡単」なパンツタイプの登場によって、「はかせるおむつ」として主流になった。

   赤ちゃんの成長段階での動きなどを研究し、ハイハイの段階から「おむつ離れ」のトレーニング用と品揃えも増えた。

   さらには紙おむつの薄型化が進み、持ち運びに便利になる一方で、尿の吸収力を高めた。形状は布のパンツとほとんど変わらないのに、吸収力を高めるために紙おむつが厚手になっては乳幼児にとってはカッコ悪い。メーカー各社が、大きめサイズ(体重で12~25キログラム向け)で、尿の吸収量を向上させたおむつの開発にしのぎを削ったのは1995年ごろだ。

おむつから受けるストレスを解消

   次々と新しい技術を投入してきた乳幼児用紙おむつだが、最近注目されているのが、「素材」へのこだわりだ。これまでは形状やデザイン、機能性も母親がストレスなく、簡単に乳幼児のおむつ替えができることに注力してきた。

   そして、開発への考え方を「赤ちゃん目線」に転換し、赤ちゃんがおむつから受けるストレスの解消を狙いに、商品化がはじまった。

   ユニチャームが6月から西日本地区で販売を開始した「ムーニー パンツ下着仕立て」は、新素材に布地のようにやわらかく伸びる「ソフトレッチ」を導入した。従来の不織布素材と比べて2倍以上の伸縮性がある素材を使っているのが特徴で、同社のパンツタイプのおむつはこれまで、赤ちゃんのおなか周りを締め付けるゴムが入っていたが、新素材ソフトレッチはゴムの一部を使用するだけで身体を締め付けていたおなか周りのゴムを使わないよう構造を工夫した。

   また素材に、布地のようにやわらかな、なめらかな素材を使用したことで、肌への刺激を抑えて快適性が増して、動きもフィット感も「下着」のようなはき心地が得られるという。

   また、「パンパース」を展開するP&Gは、穴あきメッシュの表面シートや360度の通気性、弱酸性の吸収層の3点にこだわった素材を開発。「パンパース史上最高のおむつ」に位置付け、2010年2月下旬に売り出した。

   大王製紙が3月下旬に発売した「GOO.Nプレミアム 天使の産着」は、おむつの外側のバックシートに天然コットンを配合した素材を採用。赤ちゃんお肌にふれるトップシートには天然ビタミンEを、従来品の「はじめての肌着」よりも2倍プラスするなど、「肌へのやさしさ」にこだわった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中