「炎上クイーン」って、いたのか 上ノ宮絵理沙の自叙伝に「誰?」の嵐

印刷

   モデルの上ノ宮絵理沙さん(25)が自らを語った初エッセイ「炎上クイーン」の書名が話題になっている。ブログがしばしば炎上したことから、ネット上でこう言われ始めたという。ところが、2ちゃんねらーらは、ピンと来ないようだ。

   上ノ宮絵理沙さんは、キャバ嬢系の月刊誌「小悪魔ageha」の専属モデルだったことで知られる。

赤裸々な日記で注目を浴びたが…

初エッセイの書名が話題に
初エッセイの書名が話題に

   一方で、アメーバブログに書いた赤裸々な日記が、注目を集めた。財布を盗んだとモデル仲間に疑われたことを告白したり、亡くなった別の仲間に対し追悼になっていないと批判されることを書いたり。元彼やホストなどの顔写真や実名を明かしたときは、「公開処刑」だとバッシングを受けた。

   また、本人は否定しているものの、2ちゃんねるでは、ブルセラ販売やAV出演の疑惑まで書き込まれたこともある。

   話題の多かった2009年は、芸能人ブログのトップ10にしばしば顔を出したほどだ。月200~300万PVあったといい、同8月には、ランキング1位にもなっている。

   最近は、このブログをあまり更新していない。が、10年7月15日に講談社から自叙伝となる初エッセイを出版することが分かった。その書名が、「炎上クイーン」だ。

   一部でこのことが報じられると、早速2ちゃんねらーらに叩かれている。

   「誰?誰?」「誰だよw」など、売名行為と揶揄する書き込みだ。そして、「炎上クイーン」の書名がやり玉に挙がった。「え、炎上ってどこで祭りあったんだよ」「話題になってたのか。全然知らなかった」…。どうやら、この呼称に馴染みがないということのようなのだ。

   確かに、一部雑誌には、この呼称が使われている。鉄人社から09年12月24日に出た別冊の「消されたブログ」だ。絵理沙さんは、ブログの10年1月2日付日記で、これを見つけた喜びをつづり、「私は【炎上クィーン】」と紹介している。

「新・ブログの女王」は、基本的に自称

   しかし、ネット上でも、上ノ宮絵理沙さんが「炎上クイーン」と呼ばれたことはあるのか。

   講談社の新企画出版部を直撃取材すると、編集者はこう話した。

「彼女は、自分でそう呼んでいるわけではありません。炎上が多いので、ネット上でそう呼ばれているわけです。雑誌が出るもっと前から、2ちゃんねるで言われていたということですよ」

   ただ、それがいつ何がきっかけかを聞いても、「分からない」ということだった。

   絵理沙さんは、新しく始めたクルーズブログで2010年5月30日、「新・ブログの女王」とネット上や業界でかなり噂されているとも明かした。この呼称をグーグルで検索すると、しょこたんこと中川翔子さん(25)のことが真っ先に出てくるが、どうなのか。

   ネット上などの噂について、編集者は、「どうですかね」と今度はクビをひねった。そのうえで、「こちらの方は、基本的に自称ということです」と認めた。

   ちなみに、今回、自叙伝を出した理由について、編集者はこう語る。

「確かに、アンチファンも多いですが、別の仕事で会っていたとき、仕事ぶりは常識をわきまえていて、決して変な子ではありませんでした。ギャルの主張として、彼女なりの言い分、正義感があるんだなあと思い、出版の話を持ちかけました」

   食事など当たり障りのないブログを書く芸能人が多い中で、あえて炎上を避けないことにも注目したとしている。絵理沙さんがクルーズブログを始めたのも、大手のアメブロでは書きたいことが書けないストレスがあったからだという。

   エッセイは、暴露本ではないというものの、泥棒疑惑などにも触れており、初のセミヌードもある。初版は7000部。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中