酒場で「とりあえず」はハイボール なぜこれほど若者にうけるのか

印刷

   サントリーのウイスキー「角瓶」が出荷調整する。若者にウイスキーをソーダ水で割る「ハイボール」がブームになり、生産が追いつかなくなったためだ。ハイボールがビールの「代替ポジション」にまでのし上がった、とみる専門家もいる。

   「角瓶」の2010年1~6月の出荷数量は、前年同期比7割増の155万ケースだった。同社は、ウイスキーは長期間の熟成が必要で、急に増産すると将来的に安定供給に支障が出ると判断し、「角瓶」の2010年の出荷数量を300万ケース(前年比30%増)に抑えると7月1日に発表した。

小雪さん起用CMの効果?

サントリー角ハイボール 500ml缶
サントリー角ハイボール 500ml缶

   ウイスキーは今でこそ好調だが、国税局が発表している酒類課税数量によると、1983年の38万1000キロリットルをピークに年々減り続け、2008年は5分の1以下の7万4000キロリットルまで落ち込んだ。

   復活のきっかけは、サントリーが若者をターゲットにした「角瓶」のプロモーションを行ったこと。女優の小雪さんを起用し、08年9月から「角瓶」ウイスキーを炭酸水で割った「角ハイボール」を提案したところ、若者にうけた。現在放送されている小雪さんがバーのママに扮するシリーズは、09年2月から放送している。

   サントリーホームページに公開した小雪さんがハイボールの作り方を教えてくれる動画は、投稿サイト「ユーチューブ」にアップされ、半年で120万回以上も再生された。

   プロモーションと平行して、サントリーが力を入れたのは「角ハイボール」を飲めるレストランや居酒屋を増やすことだった。08年末は1万5000店、09年末は6万店、10年5月末は9万店と拡大した。また、昨今の家飲み需要の高まりを受けて、手軽にハイボールが飲める「サントリー角ハイボール 350ml缶」を09年10月6日に売り出し、裾野を広げた。

ハイボールにすると甘い香りが引き立つ

   サントリー広報担当者は、「角瓶」が売れている理由は、プロモーションや営業活動だけではないという。

「若者がおいしいと感じなければ、売れなかったと思います。ウイスキーはビールほど苦くなく、ハイボールにすると甘い香りが引き立つので、味覚に合っているのだと思います。さっぱりして、いろんな料理と合うので、さまざまな場面で飲まれているようです」

   消費動向を研究している電通総研消費者研究センターの四元正弘・消費の未来研究部長は、

「若者の間で、ハイボールがビールの代替ポジションを確立した」

とみる。

   ただ、四元さんはウイスキー・ブームと呼ぶには時期尚早だという。

「若者はハイボールとウイスキーを一緒のものとして捉えていないからです。はやりの低アルコールのウイスキーを売り出し、ハイボール以外でウイスキーの新しい飲み方を提案したら、もっと飲まれるようになるのでは」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中