本田「個別取材依頼」すべて断る 「アッコにおまかせ!」もダメだった

印刷

   サッカーW杯で大活躍を見せた本田圭佑選手(24)にメディアの注目が集まっているが、メディアへの露出は意外に少ない。記者会見や母校訪問などには姿を見せるものの、テレビや新聞の単独インタビューは皆無と言って良い状況だ。スポーツ新聞によると、100件近い取材の依頼が、ことごとく断られているといい、中には、「テレビ番組に数百万円のギャラを提示されたが断った」という報道(テレビ局側は否定)まで飛び出している。

   日本代表の一団は2010年7月1日に帰国し、本田選手もサングラス姿で約4200人のファンの前に姿を見せた。翌7月2日には、出身地の大阪府摂津市を訪れ、同市史上初の「市民栄誉賞」を受賞。

テレビや雑誌などの取材が100本近く殺到?

   かつて自分が通った保育園や小学校、中学校を次々と電撃訪問し、生徒達を驚かせた。7月5日には金沢市にある母校、星稜高校を訪れて「夢を追いかけて欲しい」などと生徒を激励してもいる。

   メディアに露出した回数自体は決して少なくなく、ネット上でも「本田△」(本田さんかっけー、かっこいいの意味)という言葉が生まれるほどの人気ぶりだ。ところが、ほとんど皆無と言って良いのが、個別のテレビ出演やインタビューだ。

   実際、7月3日付けのスポーツニッポンでは、「テレビや雑誌などの取材が100本近く殺到したが、すべて断りを入れた」と報じている。これだけ大規模で取材の申し入れがあるのも異例だし、それをすべて断るというのも、さらに異例だ。

   実際に、取材を断られたことを明かす番組もある。7月4日にTBSで放送されたバラエティー番組「アッコにおまかせ!」では、前出のスポーツニッポンの記事を紹介する中で、安東弘樹アナウンサーが、記事のパネルを前に

「ちなみに、当番組も断られました。(取材を)オファーしたんですけどね…」

と話し、司会の和田アキ子さんが

「本田君、大阪のよしみで出てくれたらなー」

と残念がる一幕もあった。

「出演ギャラ600万円」説まで流れる

   なお、前出のスポーツニッポンの記事では、フジテレビが人気番組「SMAP×SMAP」への出演を打診したが断られ、関係者の声として「フジテレビが提示したギャラは600万円」と、高額の出演料を提示したことが報じている。

   もっとも、フジテレビ広報部では、出演依頼の事実と出演料の額いずれについても「事実ではございません」と否定。本田選手周辺を取り巻くメディア側の姿勢が「前のめり」になっている一面もありそうだ。

   J-CASTニュースでは、本田選手がメディア露出を控えている真意などについて、所属事務所に問い合わせている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中