「兄弟ゲンカ」の一澤帆布 4男が新店オープン

印刷

   京都市東山区にある休業中の老舗かばん店「一澤帆布工業」の元取締役、一澤喜久夫氏(58)が2010年7月7日、同区内に同様のかばん店「帆布カバン・●一澤(きいちざわ)」(●は「七」を3つ重ねた字)をオープンした。

   一澤帆布工業では、01年に3代目会長の一澤信夫氏が死去した後、3男の信三郎氏(61)夫妻と、長男の信太郎氏(64)・4男の喜久夫氏とが経営権を巡って対立。09年6月、信太郎氏ら側が主張する信夫氏の遺言状が無効であることが確定し、経営は信三郎氏夫妻に渡った。また、同年7月に同店は休業となっていた。

   「●一澤」は、一澤帆布工業や信三郎氏が06年にオープンした「一澤信三郎帆布」のすぐ近くに位置し、一澤帆布工業と同様に「帆布」と呼ばれる厚手の布でできたかばんなどを扱う。

   同店ウェブサイトには、喜久夫氏の「父信夫の『しょうむないもんはつくりなや』を守り、チャラチャラしたものではなく丈夫で長持ちをモットーに、ボチボチやっていく所存です」という挨拶文が掲載されている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中