夏の海外旅行 円高で予約増加 ハワイやアジアに加え欧米も人気復活

印刷

   この夏、海外旅行者が増える見込みだ。近年人気のハワイやアジアなどの近場に加えて、円高でお得感が増している欧州や米国も予約数が伸びている。

   JTBは、夏休み(2010年7月15日~8月31日)に1泊以上の旅行に出かける予定の1200人にアンケートを行い、旅行動向の見通しをまとめた。国内外ともにリーマンショック以前の水準に回復する見込みで、特に海外旅行は前年比8.4%増の244万人と、国内旅行(7412万人、4.0%増)を上回る伸び幅だった。

スイス、ドイツ、フランス周遊ツアーも好評

欧州の人気が復活している(写真はイメージ)
欧州の人気が復活している(写真はイメージ)

   JTB広報担当者は、

「(海外旅行は)行き先や時期によって予約が取りづらい状況で、チャーター便を09年夏よりも増やすなどして、対応しています」

といっている。

   近年人気のハワイ、グアム・サイパン、中国だけでなく、円高効果で欧州も人気が復活している。スイス、ドイツ、フランスなどの観光地を周遊するツアーも好評だ。ほかに、身近な韓国が引き続き人気が高く、「上海万博」が開かれている中国も大きく増加する見込みだ。

   JTB広報担当者は、「好調の背景には円高に加えて、景気の回復基調で消費マインドが戻ってきたことがある」と見る。

   出国ピークは欧州など遠方が8月11日、近場のアジア、グアム・サイパンは8月12日、13日となる見込み。6月25日現在で、海外旅行商品「ルックJTB」の8月7日~15日の予約状況は、ハワイが前年同期比40.1%増、グアム・サイパン79.7%、欧州14.6%、北米77.1%、中国18.3%、アジアも44.6%のそれぞれ増となっている。

韓国、ハワイのオンライン予約2倍増

   エイチ・アイ・エスの場合、夏休み期間中(7月17日~8月31日)の予約人数が7月1日現在で前年同日比111%と高い伸び率で推移している。

   広報担当者によると、ここ数年は景気悪化の影響で、欧米よりも「安・近・短」なアジアが人気ランキングで上位を占めていた。最近はドルやユーロに対し円高が進み、欧米の人気が復活してきているという。

   ヨーロッパの予約人数は7月1日現在で前年同日比107%、アメリカ本土が同120%と好調だ。4月のアイスランド火山噴火の影響で旅行を見合わせた人が、ヨーロッパ旅行を再度予約するケースも見られる。

「ハワイなど一部で予約が取りにくくなっていますが、この夏は出発日が分散傾向にあり、時期をずらせば今からでも予約を取ることができます。ヨーロッパ行きチャーター便も登場しました」

   エイチ・アイ・エスでは、インターネット予約も伸びている。7月1日現在でオンライン予約が前年比160%で、なかでも気軽に行けてリピート率が高い韓国やハワイは2倍近く増えた。同社広報担当者は、「海外に慣れている人ほどネットにシフトする傾向にある」と話している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中