「民主50議席割れも」 NHK出口調査結果

印刷

   「民主党の議席数は50を割り込む可能性も」。2010年7月11日投開票の参院選で、NHKは11日20時すぎ、出口調査の結果などをもとにこう伝えた。民主の改選議席数は54で、与党の過半数には56議席が必要だ。

   菅直人首相は、参院選の勝敗ラインを改選議席数と同じ54と設定していたが、NHKによると、これまでのところ届かない情勢だ。国民新党を合わせても与党の過半数割れが確実視される展開となっている。

消費税発言が影響か

   6月8日に菅内閣が発足すると、鳩山由紀夫・前首相時代の低内閣支持率がV字回復し、党内では「(民主党単独過半数の)60議席いけばいい」(輿石東参院議員会長)との期待も広がった。しかし、菅首相の6月17日以降の「消費税10%」発言を受け空気は一転し、内閣支持率は急落、民主は守勢に回った。

   投開票を目前に控えた7月9日には、「民主失速、50議席割れも」(朝日新聞)、「民主苦戦 50議席前後」(日経新聞)などとする終盤情勢調査が朝刊に掲載された。読売新聞も9日付朝刊で「50議席前後にとどまる可能性が高まっている」と報じていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中