つかこうへいさん遺書「対馬海峡あたりで散骨して」

印刷

   つかこうへい(本名・金峰雄=キム・ボンウン)さんが遺書を残していたことがわかった。劇作家で演出家のつかさんは、2010年7月10日に肺がんのため千葉県鴨川市の病院で亡くなったが、10年1月1日付けで遺書を書き、4月1日上旬にマネジャーに封筒を渡していた。遺書には通夜、葬儀、お別れの会等も一切遠慮させて頂きたい、とし、しばらくしたら自分の娘に日本と韓国の間の対馬海峡あたりで散骨してもらいたい、などと書かれていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中