占いタコ「パウル君」と交渉中 日本のPR会社「契約諦めていない」

印刷

   サッカーW杯ドイツ戦7試合と決勝の全8試合を完全予想した占いタコ「パウル君」。世界各国からテレビの出演や取材のオファーが殺到し、日本のマネジメント会社サニーサイドアップもマネジメント契約を結びたいと手を挙げている。

   パウル君が「在籍」するドイツのオーバーハウゼン水族館は「今後公の場には出すつもりはない」としているが、サニーサイドアップは諦めてはおらず「前向きに交渉中」という。

サニーサイドアップがマネジメント契約に名乗り

   パウル君は英国生まれの2歳。水族館ではドイツと対戦国の国旗を2つの餌箱に付け、そのどちらを選ぶかで勝利チームを占わせたところ8試合全て的中させた。準決勝のドイツ=スペイン戦ではスペインが勝つと予想したため母国ドイツのサポーターは激怒「パエリアにしてしまえ」「サメの水槽に入れろ」などと水族館に批判が殺到。優勝を言い当てたスペインではアイドル的大人気となり、パウル君の安全を守るためサパテロ首相が護衛チームの派遣を申請したり、銅像を作ろう、勲章をあげようなど大騒ぎになった。

   世界中からオファーが殺到する中、日本では元日本サッカー代表の中田英寿さんなどが所属するサニーサイドアップがマネジメント契約を結びたいと手を挙げた。2010年7月12日の発表では、

「パウル君の世界的な話題性、注目度に、高い肖像的価値を見出しております」

   とし、数日前からオーバーハウゼン水族館の担当者に、日本におけるマネジメントや肖像権等に関する問い合わせをしたと報告。マネジメント契約を結べるように努力するとしている。

   しかし、10年7月14日付けで外電が一斉に

「占い業を引退し今後は静かな生活を遅らせたい、と水族館が発表した」

と報じた。CNNの日本語サイトによれば、水族館の報道担当者は、「スーパースター」として注目されてきたパウル君に「静かな引退生活」を送らせてやるべきだと話したという。

「引き続き前向きに交渉しております」

   CNNは、世界中から出演オファーが来ているが、パウル君を直接巻き込まない形でアピールする道を探るとともに、占いの技術を若いタコ仲間に伝えることができるようタコのための「学校」を開設する構想もある、としている。

   こうした記事を読む限りでは、サニーサイドアップもマネジメント契約を諦めざるを得ないことになりそうだが、同社に問い合わせてみると、パウル君が占いを引退し静かに余生を過ごすという報道は知っているが、オーバーハウゼン水族館との話しの中で記事に書かれている事は聞かされていない、とし、マネジメント契約について同社広報は

「可能性があると考え、引き続き前向きに交渉しております」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中