改正臓器移植法が施行 提供の要件を緩和

印刷

   脳死になった患者の意思が不明の場合でも、家族の承諾だけで臓器移植が可能になる改正臓器移植法が2010年7月17日、施行された。15歳未満の子どもからも臓器移植が可能になり、これまでは国外渡航に頼らざるを得なかった小児患者にとって、国内移植への道が開かれる。一方、臓器移植への認知度向上や、病院側の体制整備など、様々な課題を残してのスタートとなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中