大人気「ワンピース」作者  全裸入れ墨で逮捕声優にエール?

印刷

   「週刊少年ジャンプ」最新号に掲載された大人気連載「ワンピース」の扉に、入れ墨のキャラが大きく描かれている。「ワンピース」といえば、アニメの声優が全裸の入れ墨姿を自身のブログで披露し、逮捕されたばかり。ネットでは「作者が声優にエールをおくったのではないか」など様々な憶測が流れ、騒ぎになっている。

   「ワンピース」の扉に入れ墨キャラが描かれたのは「少年ジャンプ」2010年8月2日号。タイトルは「エール」となっている。このキャラはマンガに登場する海軍本部大将の赤犬(本名はサカズキ)。これまでも赤犬の襟元に入れ墨が見えていたが、上半身が裸で大きな桜模様の入れ墨を出したのは初めてだ。

ブログに自身のわいせつ画像を掲載し逮捕

   これを見たファン達から、「この時期に入れ墨を出すのはまずいだろ!」といった声が出た。アニメ「ワンピース」の声優いまむらのりおさんが、ブログにわいせつ画像を掲載したとして7月12日に逮捕されたばかりだったからだ。

   その画像とは、いまむらさんが全身に彫った入れ墨の写真。約10年間で400~500万円かけたという「作品」だ。いまむらさんは「入れ墨がほぼ完成したのでみんなに見せて自慢したかった」と容疑を認めている。

   ネット上で「ワンピース」作者の尾田栄一郎さんがいまむらさんに「エールを送った」のではないか、と憶測されているのには理由がある。実はいまむらさんが演じているエンポリオ・イワンコフは、いまむらさんをモデルにしたキャラクターだからだ。

   いまむらさんは2010年3月1日付けのブログで、

「尾田栄一郎センセが、ヴァタシの『不気味な女装』を観つづけている内、『イワンコフ』というキャラを思い付いたて噂、実はこれ、ホントなのっ!!」

と打ち明けている。

「弊社のコメントは特にありません」

   アニメの声は自分がやる、とギャグで言っていたら突然オーディションに呼ばれ、本当に声優に抜擢されたそうなのだ。いまむらさんはもともと舞台俳優で、入れ墨マニアらが集まるバーも経営している。

   そんなこともありネットでは、この時期に尾田さんがマンガ「ワンピース」の扉に入れ墨の男を登場させたのは単なる偶然ではない、とし、掲示板などでは

「いまむらにエール贈るみたいだね」
「尾田先生フォロー早いな 流石は日本一の漫画家だ」

といった書き込みが出ている。

   尾田さんがいまむらさんにエールを送ったものなのか、「週刊少年ジャンプ」を発行する集英社に問い合わせたところ、

「お問い合わせいただきました件に関する、弊社のコメントは特にございません」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中