野外のロックイベントでブブゼラ禁止

印刷

   大規模な野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」では、開催中、ブブゼラの持ち込みと使用が禁止されることになった。

   サッカーW杯南アフリカ大会で俄然注目を集めたブブゼラ。大会中は生産が間に合わないほどの人気だった。大会も終わりその奇妙で大きな音がやっかいな存在として残ってしまっているようだ。

ミュージシャンの演奏の妨げになる

「ブブゼラ禁止マークも登場」SMASHホームページから。
「ブブゼラ禁止マークも登場」SMASHホームページから。

   「フジロックフェスティバル」は日本を代表するロックの音楽イベント。200組みものバンドが登場し、毎年10万人~12万人が集結する。2010年は7月30日から8月1(日) の3日間にわたり新潟県湯沢町苗場スキー場で開催される。

   開催するSMASH(スマッシュ)は7月15日付けで同社公式ホームページに、ブブゼラは音楽フェスティバルにふさわしい物ではないと考えた、とし「ブブゼラの持ち込み及び使用禁止のお願い」を掲載した。ミュージシャンの演奏の妨げになり、周囲の観客にも迷惑がかかる。会場外で吹いたとしても、近隣住民への迷惑になる、などの理由を挙げている。

   今回のW杯では、深夜だというのに、テレビ中継中に吹いて近隣の住民に迷惑をかけたり、スタジアムやスポーツバーで観戦したサポーターらが街に出てブブゼラを鳴らして行進して苦情が出たりといったトラブルが多かったという。テレビ視聴者からもブブゼラで音が聞き取りにくいという不満も出た。

ロンドン5輪でも使用させない方針

   W杯と同時期に開催されていたテニスのウィンブルドン大会ではブブゼラの使用が禁止。ロンドン五輪組織委員会のセバスチャン・コー会長も2012年の大会中の使用を禁止したいと表明した。

   コンサートにブブゼラの持ち込みによって問題が起こったという報告は聞いていないが、野外という開放感のある場所に十万人以上集まるイベントのため、仮にバンドの演奏中に誰かが吹いたとしたら騒動にも発展しかねない、と「フジロックフェスティバル」の主催者側はいう。

「何かが起こる前に阻止する、そういう考えでブブゼラの持ち込みと使用を禁止しました」

と説明している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中