全銀協会長 郵政改革法案の修正求める

印刷

   全国銀行協会の奥正之会長(三井住友銀行頭取)は2010年7月20日の会見で、参院選で国民新党が当選者を出せず3議席を失ったことについて、「今回の参院選の結果を踏まえ、我々が従来から主張している線に戻していただきたい」と、郵政改革法案の修正を求めた。法案は、ゆうちょ銀行の預入限度額を1000万円から2000万円に引き上げることなどが骨子で、9月の臨時国会にも提出される予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中