イオン88円新ビール1000万本突破 ダイエー89円も前年比1.4倍 

印刷

   イオンが1缶(350ml)88円で販売するプライベートブランド(PB)の新ジャンルビールが、発売開始から3週間あまりで、年間目標の7分の1にあたる1000万本を達成した。89円で販売するダイエーや、セブン&アイ・ホールディングスでも不況のあおりで売れているという。

   イオンは、1缶88円の新ジャンルビール「トップバリュ バーリアル」を全国のイオングループのスーパー、ドラッグストア、コンビニエンスストアなど約3000店舗で2010年6月22日に売り出したところ、7月15日までに1000万本を突破した。イオンがPBの新ジャンルビールを売り出したのは、これで2回目。09年7月に「トップバリュ 麦の薫り」(350ml)を100円で販売した。サントリーが製造を請け負い、話題になったが、2010年春に販売を終了。広報担当者は、「生産が追いつかず、安定供給が難しくなったため」と説明する。

本物に近いコク、キレにこだわる

イオンの新ジャンルビール「トップバリュ バーリアル」
イオンの新ジャンルビール「トップバリュ バーリアル」

   新製品の「トップバリュ バーリアル」は、「麦の薫り」よりも1缶あたり12円安くしただけでなく、「いくら安くても、おいしくないと継続して飲んでもらえない」との理由から、味にもこだわったそうだ。

   以前販売していた「麦の薫り」を飲んだお客から、「しっかりとしたコク」や「飲みごたえのあるキレ」が欲しいという要望が寄せられた。そこで、大麦の比率を研究して本物のビールに近いコクを出し、ガス圧を若干高めにして、国産新ジャンルビールに負けないキレを実現。ホップ由来の香りを再現し、コクと香りの両面から本物のビールに近づけたという。イオンが原材料の指定も含め、商品仕様書を作成し、それに基づいて韓国のメーカーが製造している。イオンは、ほかに海外メーカー5社と交渉したが、韓国のメーカーが作った商品が一番、おいしかったそうだ。

   好調な滑り出しに、売上げが伸びる夏に向けて期待が高まり、同社は「新ジャンルビール類でナンバーワンとなる年間7200万缶の売上を目指す」としている。

セブン&アイHDの新ジャンルも好調

   安い新ジャンルビールの草分けは、ダイエーのPB「バーゲンブロー ノイヴェルト」。06年10月に数量限定で登場し、07年3月から定番商品として販売している。世界第1位のビールメーカーであるベルギー・インベフ社の協力を得て、発泡酒にスピリッツ(大麦、米)をブレンドし、コク・キレともにバランスよく仕上げ、スッキリした味わいと爽やかな喉ごしが特徴だ。価格は89円(350ml缶)。韓国で計画生産し、直輸入することでコストを抑えた。

   ダイエー広報担当者によると、不況下で低価格志向が高まり、2010年3~5月の販売実績は前年同期比1.4倍だった。セール期間中は約10円安く販売しているのも好評で、「これからも継続する」という。

   セブン&アイ・ホールディングスは、PBの新ジャンルビール「THE BREW ノドごしスッキリ」をセブン-イレブンで350ml缶を123円で、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、シェルガーデンで6缶パックを628円で、09年7月から販売している。09年7月~10年6月の販売実績は、当初の年間販売目標150万ケース(1ケースは350 ml缶24本入)を超える約200万ケースだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中