ドンキでも営業、後藤真希 人気アイドル再起への道

印刷

   元モーニング娘。の後藤真希さん(24)の活動が再び本格化している。ニューアルバム発売に合わせて量販店ドン・キホーテで行ったイベントにはファンが殺到。涙を流すファンもいたという。新曲も着うたランキングで上位に入るなど、再び注目を集めている。

   後藤さんは2007年、弟・後藤祐樹さんが強盗傷害容疑で逮捕された直後にハロー!プロジェクトから「卒業」。08年からは所属事務所をエイベックスに移し、ソロ歌手として活動していたが、10年1月に母親が自宅から転落死。身内のトラブル、不幸が続いたこともあり、以来「影のある元アイドル」といったイメージがついていた。

イベント会場で女性ファンが握手で涙

7月28日に発売される後藤真希さんの新譜「ONE」ドン・キホーテ限定版
7月28日に発売される後藤真希さんの新譜「ONE」ドン・キホーテ限定版

   その後藤さんの活動が再び本格的になりつつある。7月には、28日に発売予定のミニアルバム「ONE」のプロモーションのため、量販店「ドン・キホーテ」でイベントを行った。

   17日と25日に、東京、名古屋、仙台の店舗で計3回実施。「ONE」には、通常盤のほかドン・キホーテだけで買える限定版があり、期間内に限定版を予約した先着100~200人に参加券が配られた。

   同社広報室によると、いずれの店舗でもかなりの盛況だったという。公式サイトで14日に発表したところ、東京での唯一の会場だった池袋東口駅前店には問い合わせが100件以上も殺到。翌15日から参加券の配布を開始したのだが、即日で終了してしまった。

   イベント当日、池袋東口駅前店には多くのファンが詰めかけた。ファンは男性が半分以上だったが、女性も3~4割いた。後藤さんからポスターが手渡しされるという、30~40分ほどの簡単なイベントだったが、後藤さんと握手した女性ファンが感極まって涙を流すシーンもあったという。

   後藤さんも、当初は裏口から会場入りする予定だったが、敢えてファンの目に付く正面入り口から入場。久しぶりのファンとの交流を楽しんでいたようだ。

「金スマ」出演、瞬間最大視聴率19.3%

   23日には、バラエティ番組「金曜のスマたちへ」(TBS系)に出演。「『波瀾万丈2時間スペシャル』後藤真希 24歳の告白」という特集で、弟の逮捕や母の死について、本人が心の内を語った。

   かなり衝撃的な内容だったためか、平均視聴率は14.6%、瞬間最大視聴率は19.3%を記録した。また、後藤さんの公式サイトには同日から31日までの期間限定で、ファンからの投稿コーナーが開設されており、

「金スマ見ました。真希ちゃんの覚悟と勇気が伝わりました。本当に強くて素敵な人だと思います」
「私も昔、家族の事で色々あって辛い思いをしてきましたが、その時はものすごく辛かったです」

といったメッセージが性別年齢問わず幅広い層から大量に送られている。

   「金スマ」効果もあってか23日付けのレコチョク着うたデイリーランキングで、「ONE」に収録されている「華詩 hanauta」が4位に急上昇。同曲は21日に配信スタートしたもので、後藤さん自身が亡き母を想って作詞したバラードだという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中