99歳おばあちゃん詩集33万部 60代以上の女性から「熱烈支持」

印刷

   一人暮らしの99歳女性が書いた詩集が発売され、発行部数が「詩集としては異例」の33万部を突破した。読者のほとんどが60歳代以上の女性だ。大ヒットの理由は何なのか。

   柴田トヨさん(99)が書いた詩42作品を集めた「くじけないで」(飛鳥新社)が2010年3月17日に発売された。トヨさんは09年10月に詩集を自費出版している。それを読んだ飛鳥新社の編集者五十嵐麻子さんが惚れ込み、トヨさんに会いに行った。

「生きる強さと喜びを感じた」

99歳の詩人、柴田トヨさん
99歳の詩人、柴田トヨさん
「私自身がトヨさんのファンで、もっと多くの人に読んでもらいたいと思い、なんとか一般流通化できないかと考えました」

   初版1万部だったが、テレビ番組や、朝日新聞「天声人語」などで紹介されたこともあり、7月26日現在で発行部数が33万部(11刷)を突破した。詩集としては「異例のこと」だ。

   本に挟まれている読者カードが約2000通送られてきた。60歳以上の女性がほとんどで、トヨさんのように夫と死別したり、子どもが巣立ったりして1人になったという女性が多い。

   五十嵐さんは、

「将来に不安を抱いている女性は多く、トヨさんの詩を読んで、1人暮らしを実践している大先輩に語りかけてもらったり、励ましてもらったりしているような気持ちになるんです」

と話している。

「くすぶっていた心の重み、自信のなさがすっとなくなりました」
「誰もが感じていること、誰でもが持っている思い。
やさしい言葉の中に、生きる強さと喜びを感じた」

   中高年の読者から寄せられた感想だ。

「トヨさんの詩を読んだら、『おかん』に電話したくなりました」

といった20歳代男性もいる。

詩作を始めたのは92歳から

33万部発行された「くじけないで」(飛鳥新社)
33万部発行された「くじけないで」(飛鳥新社)

   柴田トヨさんは明治44年6月26日、裕福な米穀商の1人娘として生まれた。ところが、10歳代の頃に家が傾き、自宅が人手に渡り、5軒長屋の小さな家に親子3人で住むようになった。20歳代の頃にお見合い結婚をしたが、夫がお金を一切、家に入れず、半年あまりで離婚。トヨさんは料理屋などへ奉公に出て、33歳の時に調理師の男性と結婚し、翌年、長男(健一さん)が生まれた。1992年に夫と死別してから、20年あまり1人暮らししている。

   詩を書き始めたのは、トヨさんが92歳の時だ。腰を痛めて趣味の日本舞踊が踊れなくなり、気落ちしていたトヨさんを慰めるために、自身も詩を書いている健一さんが勧めた。

   産経新聞の「朝の詩」で入選し、その時の感動が忘れられず、今も作り続けているという。詩の題材にしているのは、日々の生活で感じたこと。ヘルパーとのやりとりや、健一さんのこと、夫や母親との思い出、鳴いている虫、といった具合だ。トヨさんは思い浮かんだ言葉を忘れないように、自分の手で鉛筆を持ち、ノートに書き残していく。週に1回、健一さんに見せて、朗読しながら、書き直して完成させるという。

   トヨさんの夢は「詩集が翻訳され、世界中の人に読んでもらうこと」。飛鳥新社の五十嵐さんによると、韓国の出版社からオファーがあり、話が進んでいる。トヨさんは驚いているが、「『くじけないで』と私が呼びかけたのだから、くじけてはいられない」と言って、今も詩作に励んでいる。100歳を迎える2011年6月26日に「第2弾の詩集を出したい」と話しているという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中