ジャズサックス小林香織が大ブレイク 「ユーチューブ」で300万アクセス

印刷

   ジャズサックスプレイヤー小林香織(28)さんの「ユーチューブ」にアップされた動画が300万近い閲覧になる大人気になっている。海外でも、特に台湾やタイなどアジア圏からのアクセスが多い。美人で小柄な女性がサックスを演奏する姿や、女性的な柔らかい音色が評判で、「彼女は今後アジア圏で大ブレイクする」と予想する音楽専門家もいる。

   小林さんは神奈川県出身。ピアノ教師の母親の影響を受け子どもの頃からピアノやフルートを習った。サックスを始めたのは高校二年から。

   洗足学園音楽大学に入学し、ジャズ・サックスを専攻。05年2月にアルバム「Solar」でデビュー。近年、女性の若いサックス奏者がジャズ界で人気だが、小林さんはそれに先鞭を付けた存在だ。

タイでは7月にファンクラブが結成

   動画投稿サイト「ユーチューブ」には小林さんが演奏している動画が多数アップされているが、その中で「TK小林香織Saxophone-Nothing gonna change my love for you www.sbv.com.tw Nothing gonna change my love for you」が2010年7月28日現在で284万アクセスになっている。この動画は07年2月にアップされたものだ。

   小林さんが所属する音楽事務所ゲン・プランニングによれば、日本からのアクセスに加え台湾、韓国、中国、タイからのアクセスが多く、タイでは10年7月にファンクラブが結成されるほどの人気だという。海外の人達は、まず小林さんのルックスに惹かれ、体の線が細いにも関わらずしっかりした音を出していることに驚いているのだという。

   日本ではそのルックスからデビュー当時は「ジャズ界のアイドル」と呼ばれ、30代、40代のサラリーマンに人気だったが、現在はそれに加え20代、30代のOLのファンを増やし、高校の学園祭などからのオファーも多くなったと所属事務所は説明する。

アジアで大ブレイクの可能性

   ちなみに、サックスの演奏に興味を持つ人は増えていて、ヤマハの広報部によれば、「ヤマハ音楽教室」に通う生徒数で見ると、サックスは2位と人気が高い。1位はピアノだ。女性は20代、30代が受講生の中心で、「女性がサックスを演奏する姿がステキ」という理由があるそうだ。

   音楽評論家の加藤普さんによると、動画で小林さんが演奏している曲はジョージ・ベンソンが1984年に発表し、ハワイ出身の歌手、グレン・メデイロスがカバーし大ヒットした邦題が「変わらぬ想い」。小林さんのファーストアルバムと09年に出したベスト盤に収録されている。アジア圏からのアクセスが多いのは、この曲の魅力に加え、新作CDをアジア圏でも発売していて、その度事に現地で演奏会を開いてきたことが実を結んでいる、と分析する。しかしそれだけではない。

「こんなに艶っぽく演奏する小林さんを見るのは、アジア圏の人達にとって初めてなのではないか」

というのだ。これまでアジア圏での演奏はハイテンションでまとめてきた。動画の映像が撮影されたのは日本国内だったせいか小林さんはリラックスした表情で叙情感溢れる演奏を披露している。

「美人だし演奏が上手いし、サックスを持つ姿がかっこいい。それだけではなく、こんなしっとりした演奏ができるとわかったら、アジアの人はたまらんでしょう。これからアジア圏で大ブレイクするのは間違いないと思います」

と加藤さんは力説している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中