「死者の年金」に群がる人々 不正受給発覚は氷山の一角

印刷

   戸籍上111歳で東京の男性最高齢とされていた人とみられるミイラ化した遺体が見つかった。不思議な事がいくつも重なっている事件だが、キーワードのひとつは「死者の年金」だ。調べてみると、過去にも家族の死亡を届け出ず年金を家族が詐取する事件が相次いでいた。

   「日本中でこうしたことが起きる可能性があるかも」。情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)のコメンテーター、テリー伊藤さんは2010年7月30日の放送でこうつぶやいた。番組は、東京の「111歳」ミイラ事件で、死亡男性あてに振り込まれた妻の遺族共済年金約950万円について、不正受給・詐取の疑いがあるとみて警察が捜査している、と伝えた。

家族の死亡届け出ず年金受け続ける

「111歳」事件を報じる新聞各紙
「111歳」事件を報じる新聞各紙

   謎の「111歳」加藤宗現さんと見られるミイラ化した遺体が見つかったのは10年7月28日だ。足立区職員が自宅を訪れても「(本人が)会いたくないと言っている」と長女(81)らから追い返される状態が続いていた中、孫娘(53)が警察を訪れ「祖父は三十数年前に『即身成仏したい』と部屋に引きこもった」などと話したため、事態が発覚した。

   遺体を司法解剖したが死亡時期ははっきりしない。「死後数十年が経過」「1978年ごろ死亡したとみられる」などと報じられている。

   年金詐欺の疑いが出ているのは、宗現さん名義の口座に宗現さんの妻(2004年に死亡)の遺族共済年金が10年6月までに累計約950万円(単純計算で月14万円弱)振り込まれ、すでに600万円ほど引き出されているという点だ。

   仮に宗現さんが1978年ごろに79歳ぐらいで死亡していたとすれば、2004年の妻の死亡時に受け取り手続きをし、600万円を引き出したのは誰なのかという問題が出てくる。家族に疑いの目が向けられるのはやむを得ない面がある。04年当時、妻の遺族共済年金の「受け取り遺族」の有資格者は、宗現さんだけだったようだ。勿論生きていれば、の話だが。

   宗現さんが生まれたのは、1899(明治32)年7月。日露戦争が始まる5年前だ。1930年4月1日以前に生まれた人は、老齢福祉年金(現行、年40万5800円)の受給対象者だ。原則的に70歳で支給が始まるので、宗現さんは計算上、1969(昭和44)年7月から、妻の遺族共済年金受給が始まる2004年10月までは老齢福祉年金を「受け取っていた」可能性がある。この両方の年金を同時に受けることはできないので、04年以降は額の高い遺族共済年金の方を選んだようだ。単純計算で遺族共済年金の方が4倍も多い。

   宗現さんが1978年ごろに死亡したとすると、79年ごろから2003年まで24年間程度の老齢福祉年金が詐取された疑いも出てくる。もっとも詐欺の公訴時効は7年なので、警察が04年以降の妻の遺族共済年金の方に注目しているのは当然だ。老齢福祉年金の額は以前は毎年のように改定されており、「詐取の可能性」がある24年間の累計を出すのは面倒だが、概略で計算すると、「スタート」の1979年(8 月から年額24万円)から2003年までにざっと計850万円程度を何者かが受け取っていた可能性がある。

「詐欺容疑で家族逮捕」相次ぐ

   「自治体の怠慢という人もいるかもしれないが、責めるのは酷だ」。ノンフィクション作家の岩上安身さんは、10年7月30日の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、確認不足だった「自治体」をかばった。長谷川豊アナも、「家族が『本人が会いたくないと言っている』という中、『いや死んでるでしょ』と中に入れるのか」と同情を示し、「盲点なのかも」と指摘した。

   年金受給者が死亡したのに家族がそれを届け出ず、年金を受け続ける事案はほかにもあるのだろうか。

   逮捕や送検の段階の報道を調べてみると、「死亡した(以下略)父の年金140万円詐取容疑」(09年11月、福岡県)、「父の年金100万」(09年2月、兵庫)、「祖母の年金68万」(09年2月、沖縄)、「父の年金360万」(08年10月、兵庫)、「夫の年金120万」(08年2月、北海道)、「両親の年金90万」(08年1月、福岡)、「母の年金280万(余罪)」(07年11月、愛知)……と枚挙にいとまがない。

   発覚したのは氷山の一角で、まん延している可能性も否定できない。

   ちなみに、総務省統計局の人口推計(09年10月)によると、100歳以上のお年寄りは国内に4万8000人いる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中