十六銀行が岐阜銀行を子会社化 三菱UFJが支援

印刷

   岐阜県を主たる営業基盤とする十六銀行は、2010年度中をめどに岐阜銀行を子会社化する方向で検討に入った。岐阜銀行が公的資金を返済した後、株式交換によって十六銀行が岐阜銀行を子会社にする。その後、12年度中をめどに両行が合併する。

   現在、岐阜銀行は三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の持分法適用関連会社になっている。同行には2001年4月に、金融早期健全化法に基づいて資本注入された120億円の公的資金があり、これを返済すると自己資本が目減りする。そのため、MUFGが岐阜銀行に対して資本支援を行う。十六銀行は、MUFGの資本支援が経営統合の前提条件としている。

   岐阜銀行はバブル経済崩壊後の不良債権処理で躓き、旧東海銀行と十六銀行が支援してきた。十六銀行は岐阜銀行と09年3月に資本業務提携を結んでおり、50億円の優先株式を引き受けている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中