海老蔵のお笑い「ルビー」発掘 簡単に見つかるはずがない理由

印刷

   市川海老蔵さん(32)が結婚相手でフリーキャスターの小林麻央さん(28)にプレゼントした「手堀りルビー」がちょっとした話題になっている。ベトナムの採掘現場でわずか数時間の作業で発見したと紹介され、「そんなに簡単に見つかるなら私もやってみたい」との声が旅行代理店などへ寄せられている。

   「こんな『奇跡』聞いたら、私らクイズとかもうできません」。タレントで歌手の和田アキ子さんが、海老蔵さんのルビーを巡る「奇跡」を聞いてこう茶化した。2010年8月1日の「アッコにおまかせ!」(TBS系)生放送での出来事だ。短時間で大きめのルビー原石を海老蔵さんが「発見」したことについて、笑いを交えながらも納得がいかない様子を示した。

トラック数百台分の土から1個の確率

海老蔵・麻央の披露宴を伝えるスポーツ紙・夕刊紙
海老蔵・麻央の披露宴を伝えるスポーツ紙・夕刊紙

   海老蔵さんと麻央さんの挙式は2010年7月29日にあり、30日夜に日本テレビ系で放送された。7月上旬、海老蔵さんは作業時間実質約4時間という強行日程で、ルビー原石発掘に挑み、そのVTRが披露宴・放送で披露された。

   原石が見つからないまま作業時間は残り少なくなり、作業台にひざまずいて目をこらす海老蔵さんが映し出される。そこでスタッフが「そろそろヘリの時間が」とタイムリミットを告げる。「誰もがあきらめかけたその時」(番組ナレーション)、立ち上がっていた海老蔵さんが立ったまま腰を曲げ、ひょいと作業台から何かを拾い、「ヤバっ」「デカっ」と声を挙げる。現地の「採掘名人」がそれがルビー原石であると告げる。海老蔵さんはその後、それをネックレスにし、挙式で麻央さんの首にかけた。

   8月1日の「アッコにおまかせ!」では、海老蔵さんたちが訪れたのと「同じ現場で宝石を買い付けている」佐藤栄一さん(42)のコメントがフリップで紹介された。(1)1日にベトナム全体でトラック数百台分の土が掘られている、(2)その中からルビーの原石はバケツ1杯分程度、(3)(海老蔵さんが見つけた)あれだけ大きくて全体的に赤みを帯びているルビーは、このバケツの中から1個見つかるかどうか、と佐藤さんは指摘。その上で

「たった4時間で見つけたことは奇跡としか言えません」

と評した。この「アッコにおまかせ!」放送後、ネット上では「スタッフによるやらせでは」説が個人ブログや「Yahoo!知恵袋」などで相次いだ。「そんなに簡単なら自分もやってみたい」の声も。

基本的には宝石は出て来ないのが前提のツアー

   ベトナム旅行に詳しい複数の旅行代理店に話を聞いてみた。東京のある代理店によると、ベトナムへの宝石採掘ツアーがあるのか、との問い合わせがここ数日「パラパラ」寄せられるようになった。今は実施予定もないし、「第一、あんなに(海老蔵さんのケースのように)簡単に見つかることはまずないですよ」と、問い合わせてきた人に説明すると、「そうですよねえ」と納得してくれるそうだ。

   スリランカでの宝石採掘ツアーを「送客」したことが何度かあるという関西の業者は、「作業手順などを体験したい人のためのツアーで、基本的には宝石は出て来ないのが前提、と理解してもらっている」と話す。ベトナムやタイの採掘状況も耳にするが、「プロが大規模に作業してやっと出るかどうかの世界だと聞いている」。

   いずれも「数時間で発見」に否定的な見方だ。一方、ベトナムでの買い付け経験がある「ジェムストリー ミツハシ」(千葉県)の三橋健司店長(33)はこう話す。

   海老蔵さんのルビーの映像は見ていないとした上で、「品質が低いルビーでもいいのなら、かなり運が良ければある程度の大きさの原石が見つかることはあり得なくはない」とみる。しかし、高品質のルビーとなると「短時間で発見できる確率は極めて低い」。

   ともあれ、海老蔵さんの真似をしてルビー原石を見つける旅に出ても、そうは簡単に発見できそうにないのは間違いないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中