ハウステンボス 7月の入場者数11万人超32.6%増

印刷

   長崎県佐世保市にある大型リゾート施設のハウステンボスの2010年7月の入場者数は、11万5000人となり、前年同月に比べて32.6%増えた。7月17~19日の3連休で同6割増を記録。夏本番を迎えて連日、家族連れなどでにぎわっている。リニューアルが功を奏した。

   経営不振に陥っていたハウステンボスは、4月に旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)の傘下で再スタート。入場料の引き下げに踏み切ったほか、リニューアル第1弾として有名タレントらによるショーやミュージカル、体験型アトラクションに力を入れた。

   7月からの第2弾では、フジテレビと組んだ「スリラー・ファンタジー・ミュージアム」や人気アニメの「ワンピース」の体験型施設、キャンプ場を開設し集客に努めている。

   ハウステンボスは、「夏休みは家族向けだけでなく、カップル向けの企画も用意しました。入場者数が増えることで興味をもってもらい、さまざまな企画でカップルなどの新しい層を取り込んでいきたい」と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中