7月の外貨準備高 2か月連続増

印刷

   財務省が2010年8月6日に発表した7月末の外貨準備高は、1兆635億1300万ドルで、前月末に比べて132億7800万ドル増加した。増加は2か月連続。

   外国為替相場でユーロが米ドルに対して上昇したため、ユーロ建て資産の米ドル換算額が膨らんだ。米国債の金利低下(国債価格の上昇)も押し上げ要因となった。また、金相場が低下したため、評価額が下がって約288億ドルとなった。これは米国債など外貨証券に次いで2番目の資産規模にあたる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中