「素人美人」モテモテ時代 不況でタレント使えなくなった 

印刷

   最近、素人美人の活躍が目覚しい。「美人」が時刻を知らせるサイト「美人時計」や日替わり「美女」が登場する「美女暦」、地方の美少女をモデルに起用したフリーペーパー「美少女図鑑」などなどだ。なぜ今、素人美人なのか。

   看板娘にスポットを当てた飲食情報サイトも登場し、人気を呼んでいる。飲食情報サイト「カンバン娘」。サイトを運営するオンライフによると、2010年5月のオープン以来、月間PVが増え続け、7月30日時点で100万PVに達した。

「特定の女性にファンがついてきた」

看板娘にスポットを当てた飲食情報サイト「カンバン娘」
看板娘にスポットを当てた飲食情報サイト「カンバン娘」

   登場する看板娘はおよそ70人。外見の美しさだけでなく、「たくさんのファンを作り出す」「自分の働いている店を愛している」「仕事に誇りを持っている」「クレーム対応がうまい」といった条件をクリアした女性を「カンバン娘」と定義している。毎月、ファン投票で「ミス・カンバン娘」が選ばれ、特設ページで紹介している。

   オンライフの広報担当者はこういう。

「飲食店のサイトはメニューや値段の紹介が多く、人にスポットが当てたものがありません。そんなこともあってこれを作りました。カンバン娘に会いに、来店するお客さんもいるようですね」

   「美人」が時刻を知らせてくれるサイト「bijin-tokei(美人時計)」は、2009年1月にオープンして話題になり、10年7月30日現在での月間PVは3億8000万と急成長を続けている。最近は企業からも熱い視線を浴びせられていて、ユニリーバの男性用フレグランス「アックス(AXE)」や、「JANJANソース焼そば」(エースコック)などとコラボレーションしている。

   素人美人に注目した先駆けは、地方の「美少女」をモデルに起用したフリーペーパー「美少女図鑑」。北海道から沖縄まで全国規模で展開している。

   日替わりで「美女」が登場する「美女暦」は、7月30日時点で月間PV数が09年12月の1.5倍に増えた。「美女暦」を立ち上げたプロデューサーのヒャクタロウさんは、「最近、特定の女性にファンがついてきた」と明かす。

女性も美人に癒される?

   再登場してほしいというリクエストが多かったミンカ・リーさんが2010年7月21日に登場したところ、アクセスが殺到し、サーバーが10時間もダウンした。ヒャクタロウさんは、「事前に告知していたので、ある程度は予測していたが、想像以上だった」と驚いている。

   素人美人が人気を集める理由を、

「タレントのように作られた部分がなく、等身大なところがいい。男性なら擬似恋愛の格好の対象にもなります」

とみる。

   もっとも、最大の理由は「不況で(企業が)タレントにお金を払えなくなった」こと。また、複数の企業と契約をしているタレントと違って縛りがないので自由に使えて、ブログなどで積極的に宣伝してくれるので口コミ効果がある。コストパフォーマンスの良さが注目されているようだ。

   意外なことに、「美女暦」では女性ファンも増えていて、ユーザーの35%を占める。女性も美人が好きなのだろうか。

   投稿サイト「発言小町」に、「女性も美人が好きですか?」という質問が6月28日に書き込まれ、賛成派の女性が多数を占めた。

   「女ですが、私も美人が好きです」「美人さんは大体会話がつまらないという事はないし、ファッションセンスも悪くないので一緒にいて楽しいです」「30代半ばの女性です。私も綺麗な人は大好きです」「普通顔の人より(一緒にいて)楽しいというか心地いいかも。やはり癒されるのです」など、「美人が好き」という女性の書き込みが相次いでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中