「ツイッター」で稼げるって本当なの ホリエモンにスポンサー?ネットで騒然

印刷

   「ツイッター」(Twitter)でつぶやくと稼げる、そんなサービスがあるらしいとネットで話題になっている。きっかけは動画投稿サイト「ニコニコ動画」の生放送で「2ちゃんねる」元管理人の西村博之(ひろゆき)さんが、ホリエモンがツイッターでつぶやいて企業からお金をもらっている、と暴露したからだ。

   そんな仕事が実際あるのか調べてみると、ブログの「口コミ広告」のツイッター版が存在した。

特定のキーワードでつぶやくとお金がもらえる

   ネットで話題になっているのは2010年7月25日に放送された番組「ホリエモンの満漢全席 第11回」。ホリエモンの自宅でバーベキューパーティーをしながらトークを楽しむ内容で、ひろゆきさんやジャーナリストの津田大介さんなどが出席した。

   番組でホリエモンが視聴者からの質問、

「津田さんはツイッターでどれくらい稼いでいますか?」

を読み上げると津田さんは、みんなが想像するほど稼いではいなくて、ツイッター関連の本は4万部くらいしか売れていない、とツイッター成金を否定。

   すると西村さんが横から口を挟み、ホリエモンを指さして、

「むしろツイッターで稼いでいるのはこの人。特定のキーワードでツィートすると、お金もらえるとか、スポンサー持っているからね」

と暴露した。ホリエモンはテカった顔で首を傾げ否定も肯定もしなかった。

   これを見た視聴者から「ツイッターで金稼げるのか??」「いいこと聞きました。西村さんthx」「堀江は金儲けうまいよね」などといった驚きのコメントが番組に寄せられた。

   本当にツイッターで稼げるのか。ブログならばアフィリエイトなどの広告を掲載したり、企業の商品やイベントをブログで書いてPRしたり「口コミ広告」「口コミマーケティング」で収入を得るという方法がある。ツイッターは国内のユーザーが1000万人を超えたといわれていて、額はともかく、何かしらの儲け話があってもおかしくはない。

   実は、ブログの「口コミ広告」のようなサービスが既に始まっていて、ツイッターユーザーが企業の商品などの情報をPRすることで収入が得られる仕組みがある。

   ネットマーケティング会社フュージョンテクノロジーがツイッターを使ったサービス「Tweepie」を始めたのは2010年4月。ツイッターユーザーは無料で「Tweepie」の会員になることができ、「Tweepie」サイトにログインした後、クライアント企業が同サイトで提示している商品やサービスについてつぶやくと収入が得られる。このサイトでつぶやいた言葉はそのまま自身のツイッターに表示される仕組みだ。

広告色を前面に出すと反発を買いかねない

   このシステムでは、1回つぶやく事に5円から上限で990円が支払われる。その支払額は会員個人個人のフォロアー数、フォロー数、アクセス数を基に査定される。1回のつぶやきにつき現在の最高支払額は600円。この会員はフォロアー数が20万人いる。ただし、1つの商品(サービス)についてつぶやけるのは1回だけだ。

   フュージョンテクノロジーによれば、サービスを始めたばかりなので会員数は公表できないが、つぶやきは約150万人に届くようになっているという。会員は30代が中心でうち男性が6割をしめる。サービス開始時は広告の定型文を会員のツイッターに表示する形だったが、

「自分の意見をつぶやけるように変えました。読む人も広告とはわからずに楽しめるようになっています。広告色を前面に出すと反発を買いかねない、という判断からです」

と同社では説明する。ツイッターユーザーが増え続けていることや、企業もツイッターを利用して宣伝したいという気運が高まっていることで、クライアントとなる企業が相当増えていくのではないか、と同社は期待している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中