「萌えマンガ」で日米同盟をPR 在日米軍の広報サイトが話題

印刷

   在日米軍の広報サイトに「萌えマンガ」が登場し、話題になっている。日米同盟の意義を、萌えキャラが解説するもので、日本や海外のネットには「かわいいなこれ」といった書き込みが寄せられている。

   日米安全保障条約改定50周年を記念したもので、2010年8月4日から在日米軍の公式サイト上で公開されている。

萌えキャラ通して日米同盟学ぶ内容

在日米軍の「萌えマンガ」が話題。
在日米軍の「萌えマンガ」が話題。

   タイトルは「わたしたちの同盟 永続的パートナーシップ」。アメリカからやって来たウサギのコスチュームを着た男の子「うさクン」が、「alliance(同盟)」をもじったと思われる名前の女の子「新居あんず」の家に居候するという設定だ。描いているのはヒライユキオさんという漫画家で、どちらのキャラクターも日本風の萌えキャラだ。

   漫画はうさクンが台所でゴキブリを退治することから始まる。うさクンは、この家を守ることを決心したといい、その理由については

「ボクとあんずが『同盟』のカンケーだから! 『大切なトモダチ』だから!!」

   合わせて日米安全保障条約や、在日米軍の仕事について解説し、両国の同盟の意義をPRする内容となっている。

   同盟を結ぶ理由については、同じ考え方を持つ「似たもの同士」だからと説明。日米が「基本的人権」の尊重や、「民主主義」「市場経済」などの価値観を共有しており、「これら価値観を基礎として国際的な問題にあたっていくことが、日本だけでなくアジア地域や世界の平和と安定に役立っていると考えています」。あんずも「太平洋をはさんだお友達同士なのね」と納得している。

「日米の関係は同盟じゃなくて占領だよ」

   このマンガはネットで注目を集め、2ちゃんねるには、「なにこれかわいい」「なかなか良い出来です」といったもののほか、「完全に馬鹿にされてんな」といった書き込みが寄せられた。

   海外のアニメ系掲示板でも話題になっており、

「日本は強い軍隊を持つことが許されてないんだ。それにしても可愛いなこれ」「うさクンは、うさ(ぎ)クンだから、ウサギの恰好をしているのか」「プロパ『マンガ』ンダって感じ?」「日米の関係は同盟じゃなくて占領だよ」「北朝鮮を攻撃したくなった場合に備えて、アメリカは日本の基地をなんとしても保持したいんだ」

といった見方が寄せられている。

   このマンガは、まだ「第1部」。2~4については「準備中!」とされており、続編も計画されているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中