個人投資家とにかく「外貨買い」 円高急伸でFX活況

印刷

   外国為替証拠金(FX)取引で、個人投資家の「外貨買い」が旺盛だ。背景は、言うまでもなく、急激な円高にある。

   FX取引は2010年8月1日から、証拠金倍率を50倍までとする規制(レバレッジ規制)がはじまり、取引の魅力が薄れて個人投資家の意欲が損なわれると思われたが、それもどこかへ吹っ飛んでしまいそうだ。

取引量、レバレッジ規制前に戻りつつある

   15年ぶりの円高水準で、FX取引がにぎわってきた。東京外国為替市場で、2010年8月11日、一時、1米ドル=84円70銭を付けた米ドル円相場は、13日には円高への警戒感が強まり、やや戻して85円~86円前半で推移した。

   輸出関連企業の株価をはじめ株式市場は急落したが、逆に活気づいたのがFX取引だ。東京金融取引所の取引所取引「くりっく365」の8月11日の取引量は、47万3374枚(1枚は1万通貨単位)で、レバレッジ規制が導入される前の7月30日と比べて、7008枚上回った。

   円高のときは、将来的に米ドルが上昇するのを見越して「買いポジション」(外貨を買うこと)から入れるので、FX投資の初心者にも買いやすい環境にある。初心者はデイトレーダーのようにこまめに相場を気にしていないので、「円が急騰したときは、その後、中・長期的にはジワジワと円安にふれることが多いので、個人投資家には買いやすい傾向にある」(FX業者)という。

   8月11日の米ドル円取引は、売買の84.1%が米ドル買い。ユーロ円は70.1%がユーロを買い、豪ドル円でも78.0%が豪ドルを買っていた。12日は、前日に比べて全体の取引量は減ったが、米ドル円取引の79.9%が米ドルを、ユーロ円では73.3%がユーロを、豪ドル円では77.5%が豪ドルを買っていた。

   FXを取り扱う証券会社やFX専業会社にとって円高は、取引口座の獲得や取引量を増やす、絶好の機会ともいえる。

1ドル=80円突破の可能性もある

   それにしても、円はどこまで上がるのだろうか――。

   第一生命経済研究所・主席エコノミストの嶌峰義清氏は、「早ければ来週にも85円以下の水準で推移する可能性もあります」という。10月ごろには1ドル=80円割れの可能性も指摘。円高基調はまだまだ続くとみている。

   いまの円高基調が続くと、市場の関心事はやがて「円高」というよりも、「米国がどこまでドル安を容認できるか」に移っていく。米国経済に対する注目がさらに高まり、米国の経済指標が市場の予測から下ぶれすれば、そのたびに円高圧力が強まって、ドル安の勢いが加速する。

   嶌峰氏は「超・円高を記録した1995年には、1ドル83円を割ってから、わずか3営業日で80円を割り込みました。そのときと同じような状況になるのではないでしょうか」と予測する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中