韓国の次は台湾観光客を狙う 秋田県「アイリス」効果に期待

印刷

   人気俳優イ・ビョンホンさんが主演した韓国ドラマ「IRIS」(アイリス)のロケ地として脚光を浴び韓国人観光客が急増した秋田県。2011年1月にも台湾で「IRIS」が放送されるため、今度は台湾からの観光客の増加を期待している。台湾からの観光客向けに「台湾語講習会」を開催する鉄道会社も現れた。

鉄道会社は「台湾語講習会」を開催

   「台湾語講習会」を社内で開催したのは第三セクター・秋田内陸縦貫鉄道。秋田県北部を走る94.2km、29駅の鉄道会社だ。2010年7月12日、13日に行われた講習会には社員や観光アテンダント22人が参加。秋田市在住の中国語講師が「台湾語」と中国語(北京語)の違いを説明し、「こんにちは」などの挨拶や「この列車は角館行きです」といった案内の仕方を教えた。

   秋田内陸縦貫鉄道によれば、秋田県の観光課が進めている海外観光客誘致策によって2年前から台湾からの観光客が増加。2009年の鉄道利用者は前年の6・5倍の4000人に増えた。台湾からの観光客は、秋田の雪や、山を切り開いて走る電車に強い興味を持っているという。

   同社では「アイリス」効果で韓国からの観光客が増えたため、2010年5月に韓国語の講習会を開き対応を強化。台湾で「アイリス」の放送が予定されているため、事前に対応しておくことにした。

「現在は台湾からの観光客は団体客が殆どですが、アイリスの放送が始まれば個人旅行者が増えると思われます。今回の講習はそれに備えた形です」

6月の補正予算でPR事業に約3000万円を計上

   秋田県での「アイリス」効果は大きく、韓国との空路定期便の搭乗者数は09年11月~10年3月で前年比3・4倍となり1万970人増えた。スキー場の韓国人団体客は前年の4倍。ホテルも前年の4倍になっているところもある。そのため秋田県は「アイリス」のロケ地であることを国内外にアピールしようと6月の補正予算でPR事業に約3000万円を計上。ロケ地を観光名所として整備し、台湾でテレビやウェブを使ったキャンペーンも開始した。

   秋田県観光課では、数年前から中国、韓国、台湾の観光客を増やすために力を入れており、「アイリス」のロケ地に選ばれたのもそうした努力が実った1つの例だと説明する。

「他県と同じように秋田県も国内の観光客数は年々減少傾向にある。アイリス効果をきっかけに海外観光客を増やし観光産業を盛り上げていきたい」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中