「モスク建設反対」、NY市バスの車体に

印刷

   ニューヨーク・マンハッタンのイスラム教モスク建設問題が、全米を挙げての政治問題になってきた。その大論争のさなか、ニューヨーク市バスの車体には「なぜ、そこに? グラウンド・ゼロ」とモスク建設反対を訴える広告まで登場し、議論に火を注いでいる。APなどが伝えた。

   横長の看板には、左側に9・11同時テロで崩壊する世界貿易センタービルが描かれ「2001年9月11日、ジハード攻撃」、対比させて右側にモスクの完成予想図と「2011年9月11日、巨大モスク」の文字がある。スポンサーはイスラム原理主義の影響拡大に反対する全米組織で、ニューヨーク市都市交通局が広告掲示を認めた。

   CNNテレビの直近の世論調査では、7割近くがモスク建設に反対している。オバマ大統領は、信教の自由を尊重する立場を表明しているが、野党共和党のみならず民主党の有力議員からも建設反対の声が上がって収拾のつかない状況になりつつある。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中