京都が生んだ伝説のスポーツカー 京大ベンチャーEVで復活目指す

印刷

   京都が生んだ伝説のスポーツカー「トミーカイラZZ」が、京大発のベンチャーの手で電気自動車(EV)として復活することになった。

   地球温暖化防止の京都議定書を生んだ京都は、知る人ぞ知る「スポーツカーの聖地」でもある。関係者は「環境に配慮した次世代のスポーツカーを京都から提案したい」と意気込んでいる。

ポルシェに似たスタイルと高性能が人気

トミーカイラZZ
トミーカイラZZ

   トミーカイラZZは「オリジナル設計によるハンドメイドの市販スポーツカー」として、1996年から京都の「トミタ夢工場」が200台以上を生産した。ポルシェに似たスタイルと高性能がマニアの間で人気を呼んだが、同社は2003年に経営破綻。後継モデルとして「トミーカイラZZⅡ」も開発中だったが、「幻のスポーツカー」となった。ZZⅡはゲームソフトなどにも登場するなど、ファンの間でZZの復活が待たれていた。

   今回、トミーカイラZZをEVで復活させるのは、京大発のベンチャー「グリーンロードモータース」(本社・京都市左京区)だ。同社は2010年4月、京大の松重和美教授を中心に「EVの開発、販売」を目指して設立。環境対応自動車の早期普及を目的に、複数の提携企業と協力し、「京都電気自動車プロジェクト」を進めている。同プロジェクトは「大学の先端技術と京都の伝統文化、技術を融合してEVを開発する」というものだ。その具体的な作品が今回のZZというわけだ。

   同社によると、新たなZZは「EVに適した軽量設計による新開発のシャーシを採用し、安全性、耐久性、ドライバーの快適性を飛躍的に向上させている」という。開発の総括責任者には、トミーカイラの創始者である冨田義一氏(元トミタ夢工場社長)が参画。

試作車は11月に発表する予定

   試作車は11月に発表する予定で、「量産販売も検討する」という。今回はプロトタイプの鮮やかなボティーが公開された。

   EVのスポーツカーは米国のベンチャー、「テスラ・モーターズ」が市販で先行しており、トヨタ自動車がEV開発で資本・業務提携した。テスラは高性能スポーツカー「テスラロードスター」の日本への輸出を開始し、年内には東京に直営店を新設する予定という。

   しかし、テスラは量産セダンの開発費がかさみ、2010年4~6月期は最終赤字になるなど、EVの量産と普及には資金面の課題が多い。テスラがトヨタと資本提携した狙いも経営の安定にある。

   京都の「グリーンロードモータース」の社名は「緑に覆われた道を颯爽(さっそう)と走るクルマ」をイメージしているという。京都には京セラ、日本電産、村田製作所など日本を代表する有力な電子部品メーカーが集積しており、EVの研究開発の素地がある。

   合わせて京都は、スポーツカー開発の聖地でもある。日本を代表するレーシングカーの名門コンストラクター(製造会社)「童夢」は京都で生まれ、同じく京都の衣料品メーカー「ワコール」と組み、スバルの水平対向エンジンを使ったスーパースポーツカーを開発するなど、自動車開発の文化と歴史がある。今回のトミーカイラZZの復活は、大手自動車メーカーにはない京都の技術と文化の潜在力を内外に示すに違いない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中