「1ドル60円」突破も 円高阻止の妙策なし

印刷

   円はどこまで上がるのか――。為替相場の動向が業績に直結する輸出企業ならずとも気になるところだが、政府・日銀の「無策」もあって、なかなか止まる気配がない。2010年8月26日の東京外国為替市場は1ドル84円半ばで推移。前日よりは円安だが、戦後最高値となった1995年4月の1ドル79円75銭を突破してしまいそうな気配が漂っている。

   円高になると、外貨預金や外国為替証拠金(FX)取引ではドルを買う動きが増すが、それもタイミングが問題。今後さらに上がると予測すれば、もう少し様子を見ようと、つい思いとどまってしまう。専門家の中には、「1ドル60円」を突破する可能性もあるという。

物価水準では「1ドル57円」の試算

   あるFX会社の幹部は、「10月くらいまでは80円前後で推移するでしょうが、中長期的には1ドル60円の突破も視野に入れる必要があるのではないでしょうか」と予測する。

   理由は、日米の物価水準だ。その幹部の試算によると、超円高だった95年4月の米国の消費者物価指数(CPI)を100とすると、現在の米CPIは140になるという。一方、日本のCPIは95年から、ほぼ横ばい。「日米の物価水準からいえば、現在の水準は1ドル57円でもおかしくないんです」と説明する。

   国際金融アナリストの枝川二郎氏も、「いつ1ドル80円を切ってもおかしくない」という。「95年の円高以降、日本がデフレに突入していることを考えると、円はいまの相場でもまだまだ安いです。デフレはモノの値段が下がり、通貨の価値が上がるということですから」と話す。

   第一生命経済研究所・主席エコノミストの嶌峰義清氏も日米の物価水準に注目。自身の市場レポートで、「物価上昇率が米国でプラスなのに対して、日本はマイナス。日米の実質金利差は大きく、90年以降においては少なくとも日本の実質金利が米国を上回っている間は円高に歯止めがかかっていない」と、円高阻止がむずかしいことを指摘している。

協調介入なければ、さらに円上昇のリスク

   いま、市場の関心事は為替介入のタイミングだ。じつは、前出の嶌峰氏は2009年末に、10年10月ごろに「1ドル80円割れ」を想定していた。米景気が減速に向かい、それにより円高が進行するとみていたが、その際に1ドル80円の水準で円売りドル買い介入を予測。「ただ、介入が協調でなく、日本単独となった場合にはさらなる円高リスクがあるでしょう」と指摘していた。

   為替介入となれば、約6年ぶりのことだが、「1ドル80円」を介入のタイミングと見る向きは少なくない。

   しかし、その効果については不透明だ。国際金融アナリストの枝川氏は、「米政府は輸出主導の景気回復を模索し、『弱いドル』を志向しているので、『円を弱めよう』という介入に同調するはずがありません。為替介入は成功する可能性が低いので、やらないとみています」という。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中