東国原知事VS猪瀬副知事 東京都知事選は「因縁」対決?

印刷

   宮崎県の東国原英夫知事(52)が2011年4月に予定されている都知事選に出馬するーーそんな報道が飛び出した。石原都知事の覚えめでたい猪瀬直樹東京都副知事(63)も 出馬濃厚と噂されている。そうなると、東国原知事と猪瀬副知事の対決になるが、この二人は2007年から九州の高速路建設についてバトルを展開した間柄。今度は都知事戦に舞台を移し、新たな「戦争」が始まろうとしているのか。

   2010年8月27日付けのスポーツ報知は、東国原知事が10月12日に宮崎県知事の引退を表明し、都知事選に出馬することになるだろうと報じた。

九州高速道路建設同様のバトルが知事選で再燃か

   記事によれば、知事が次期宮崎県知事選に出ないことを決めたのが8月上旬。2009年の衆院選では国政に進出する事を考えていたが、地方分権を推進したい知事は、「一国会議員の力では限界がある」事を悟った。宮崎の知事を二期続けることは組織が硬直化する、などのデメリットがある。そこで地方分権実現のために、より大きなフィールドである東京都知事選出馬を検討し始めたのだという。

   宮崎での実績と人気を背景に都知事選を有利に持って行きたいことのようだが、簡単には事は進まない。石原慎太郎都知事の後継者として猪瀬氏が出馬濃厚だからだ。猪瀬氏は2010年6月8日付けの東京新聞のインタビューで、出馬について質問されると、「そこは謎の方がいい」と出馬に含みを持たせた。

   「週刊朝日」は10年9月3日号で猪瀬氏が東京地下鉄と東京メトロの経営統合を猪瀬氏が突然言い出した本当の狙いは、ポスト石原都知事狙いの話題作りと実績作りであり、都知事になってこの構想をやり遂げる考えだろう、と指摘した。

   東国原知事と猪瀬氏には因縁めいたものがある。07年からは道路公団民営化推進委員だった猪瀬氏と、九州で高速道路を作りたい知事の間でバトルが展開された。高速道路改革を掲げる猪瀬氏は知事の考えを「不必要だ」と切り捨てた。結局軍配は猪瀬氏に上がったが、次のバトルは都知事選になるのかもしれない。

舛添要一氏も出馬を検討、選挙戦混沌?

   ある政治関係者は東国原知事、猪瀬氏共に都知事選に出馬するのは間違いない、と見ている。知事は衆院選出馬を考えたように、宮崎を離れ東京に戻ることを熱望している。国政ではなくて都知事選を選ぼうとしているのは、2009年の衆議院選で国政に出る難しさを思い知らされたことと、「自分を首相に」といった一連の高飛車な態度が自民党のみならず他の政党からも総スカンを食らったからだと指摘する。

   猪瀬氏は石原都知事が自分の後継者としてスカウトした人物。猪瀬氏もそのつもりで副都知事を務めてきたため、出馬は揺るがないだろうということだ。それでは知事と猪瀬氏の一騎打ちになるかといえばそうではないらしい。

「舛添要一参議院議員が出馬することになると思います。彼は政界再編の旗を揚げ自民党を飛び出したわけですが、それも行き詰まった状態だからです。その他にも出馬を考えている有名人は多く、次回の都知事選はかなり面白くなると思います」

とこの政治関係者は話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中