日銀、資金供給30兆円に拡充 円高・株安で追加緩和策 

印刷

   日本銀行は2010年8月30日に開いた臨時の金融政策会合で、急激な「円高」に伴う緊急的な金融緩和策として、09年12月に導入した、政策金利と同じ0.1%の固定金利で資金を供給する「新型オペ」の総額を従来の20兆円から30兆円に拡充することを決めた。資金を増やして市場へ行き渡らせることで市場金利を低下させ、円を売りやすい環境を整える。

   資金供給は、従来の期間3か月の資金供給規模の20兆円を維持したうえで、新たに、追加的に「10兆円程度の期間6か月」の資金供給を開始する。期間を長めにすることで、長めの金利を引き下げると同時に、しばらく金利を上げないという市場へのアナウンス効果を狙った。

   ただ、市場では「20兆円→30兆円」の拡充は、追加策の「想定の範囲内」との見方が支配的で、インパクトに欠けた。「もう一段の追加緩和策に備えた」との見方もある。

   第一生命経済研究所の嶌峰義清・主席エコノミストは、「後手に回ったうえに(追加策が)予想の範囲内にとどまったことで、株価は上昇幅が縮小、為替も85円割れの円高水準のままとなっている。これは、明らかに『失望』という感じ」と話している。

   なお、会合では須田美矢子審議委員が追加策に反対した。

   政策金利は全員一致で、「無担保コールレート(翌日物)を0.1%前後で推移するように促す」ことに据え置いた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中