「ワンピース」新作執筆始まっていた 「休載長期説」の心配吹き飛ばす

印刷

   「週刊少年ジャンプ」の大人気マンガ「ONE PIECE」(ワンピース) の一時休載が発表され、ファンから休載が長期になるのではないか、といった心配も出ていた。しかし、作者・尾田栄一郎さんが既に執筆活動を再開していることを「ツイッター」で有名マンガ家が明かし、新作の準備は着々と進んでいる事が分かった。

   「ツイッター」で尾田さんの執筆再開を報告したのは「LIAR GAME」や「ONE OUTS」の大ヒットや、2010年10月からテレビドラマ化される「霊能力者 小田霧響子の嘘」の作者・甲斐谷忍さん。

「1週間ほど休んだそうですがもう仕事を始めてました」

   甲斐谷さんは2010年8月31日にツイッターで、

「4週間休載でニュースになってる漫画家さんに会いに行きましたよ。1週間ほど休んだそうですがもう仕事を始めてました。ファンのために身を削ってますよ。僕も見習います」

とつぶやいた。ネットでは「4週間休載」のマンガ家は「ワンピース」の尾田さんの事だとして驚きが広がった。

   「週刊少年ジャンプ」は10年8月30日発売の10年39号で、「ワンピース」を40号から43号まで休載すると発表した。尾田さんはその号の巻末コメントで、10年間の連載を終了した人気マンガ「ピューと吹く!ジャガー」の作者に「お疲れさんでした」といい、「そして僕は遊ぶのです!やっほーい!!」と休載を報告した。

   ネットでは「ワンピース」が休載になると衝撃が広がり、

「ワンピ休載とかふざるなああああああああああああああああああ」
「ワンピないと読むの何もないぞ」

などと騒然。中には「週刊少年ジャンプ」連載中の他のマンガ家のようにずっと休載が続くことになるのではないか、と心配するファンもいた。

「新作の準備も兼ねた休載だった」と編集部

   ただしネットでは、尾田さんの活動再開を喜ぶ一方で、今回の休暇は連載開始から13年目で尾田さんがやっと取れたものだとし、

「無理するなよ。体壊れちゃうぞ」
「無理なくできるのであれば描き溜めをするのも手。 体調には気をつけてほしい」
「尾田は本当に漫画を描くのが好きなんだな」

といった心配する書き込みがブログや掲示板にたくさん出ている。

   甲斐谷さんの報告は本当なのだろうか。「週刊少年ジャンプ」編集部に問い合わせてみたところ、今回の「ワンピース」の休載は、尾田さんが休暇を取るという目的だけでなく、新作の準備も兼ねているもので、いつから執筆を再開したのかについてコメントは難しい、とのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中