「静か過ぎる」ハイブリッド車 「事故防止用装置」が今秋続々登場

印刷

   「静か過ぎる」ことが問題になっていたハイブリッド車(HV車)や電気自動車(EV車)に擬似エンジン音を搭載したクルマが登場する。トヨタ自動車が「プリウス」に「車両接近通報装置」を取り付けられるようにしたほか、2010年秋に発売される三菱自動車の「アイ・ミーヴ」や日産自動車の「HVフーガ」には標準装備される。

   走行音があまりに静かなので、近づいて来ても歩行者が気づかず、事故が心配されていたHV車、EV車だが、擬似エンジン音を鳴らすことで車両の接近を知らせ、事故防止に役立てる、というわけだ。

トヨタは「モーター音」にこだわる

「擬似エンジン音」が聞こえるようになって、歩行者もひと安心(写真は、新型プリウス)
「擬似エンジン音」が聞こえるようになって、歩行者もひと安心(写真は、新型プリウス)

   トヨタ自動車の「車両接近通報装置」は、発進から時速約25キロまでのスピードで走行すると、自動的に「ジィー」といった擬似モーター音を、車両のフロント部分から出す。同社広報部は「ブォーンといったエンジン音とは明らかに違う音です」と説明。音量は55デシベルで、エアコンの室外機程度。近未来的なプリウスのイメージを大切にするため、モーター音にこだわったという。

   また、夜間走行時などに音を出さないようにするため、「ON/OFF」の切り替えがドライバーの手元でできるようにした。

   トヨタでは、「静音が原因で事故が起こったことはないが、(事故が起きる前に)早急に対応する必要があると考え開発していた」と話している。

   ただ今後、標準装備するかどうかは、「現段階ではお答えできません」という。

   擬似エンジン音を出す装置は、自動車メーカーとしてはトヨタが初めての発売となるが、じつはカー用品のオートバックスセブンでは2010年6月から販売している。ミツバサンコーワ製の「SK-003」や、G-TECH製「ドライブアラームDA-1300」などがそれで、「他にも、いろいろと発売されている」(オートバックスセブン)という。

   擬似エンジン音を出す装置の取り付けは、義務ではないこともあって、同社は「まだ、そんなには多く売れていません。ただ、事故を心配するドライバーは少なくないですから、これからはそういった方が購入すると思います」と話している。

日産はエンジン音に近い「3種類」の音

   ほかにも、擬似エンジン音を出す装置を標準装備したHV車、EV車も続々登場する。三菱自動車は2010年秋に発売するEV車、「アイ・ミーヴ」に標準装備する。同社は、トヨタのような「後付」の装置については検討中という。

   また、日産自動車も今秋発売の「HVフーガ」と12月発売のEV車「リーフ」に標準装備する。同社によると、搭載される装置は「基本はブーンという擬似エンジン音ですが、加速時のグィーンという感じと、減速時のゆるやかな感じ、断続的なバックのときと3つのパターンの音があります」(広報部)と説明する。加速時は時速30キロ以上になると自動的にストップ。時速25キロ以下になると減速音が出てくる仕組み。「エンジン音にできるだけ近い音にするのに、苦労しました」と語る。

   一方、ホンダは装置の導入について、「状況を見ながら判断する」と話す。「当社のHV車はエンジンが回っている状態なので、普通車両と同じように、歩行者が認知できると考えています」と説明している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中