アップルの「音楽SNS」、2日で100万人に

印刷

   米アップルが現地時間2010年9月1日にスタートした「音楽SNS」の新サービスの登録者が、9月3日までに100万人に達した。アップルが3日、公式サイトで明らかにした。

   「Ping」と名づけられたこのサービスは、9月1日にリリースした「iTunes」の最新版に組み込まれている。発表資料によると、3日までに最新版をダウンロードした人のうち、およそ3分の1がPingに登録を済ませたという。Pingでは、ユーザーがレディー・ガガやコールドプレイ、U2ら有名ミュージシャンをフォローして投稿された映像を楽しんだり、ライブ情報を得たりすることが可能。一方、Ping上の友人や他のユーザーたちをフォローすることで、相手の好みの音楽を知る、お気に入りのミュージシャンについてコメントする、自分が行こうと思っているコンサートを知らせる、といった利用法を想定しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中